ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世間での狂い方をマスターする

本日でGWも終わり、明日から学校や会社に「行かなければならない」人が多いだろう。
この憂鬱で惨めな気分を一言で表現するなら、「閉塞感」と言えるのではないだろうか?
つまり、閉じ込められて、行き場がなく、広い外が見えない。何か大切なものとの交流が絶たれてしまった・・・そんな感じだ。
英語の地獄(Hell)ってのは、覆い隠されたとか閉じ込められたって意味だから、まさに、世間とは地獄だ。
閑吟集(かんぎんしゅう)という、室町時代の歌謡集に、「なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」なんて唄があり、大体の意味は、「人生なんて夢なんだから、深刻にならずにメチャメチャにやんなさい」という意味だが、仏教学者のひろさちやさんは、この唄がお好きらしく、真意を言えば、「世間が狂っているのだから、自分も狂えばいい」となるらしい。私も全くそう思う。
岡本太郎流に言えば、「狂ってていい、いや、狂わなければならない!」とでもなろうか。
閉塞感に満ちたところが世間で、それは地獄なのだから、真面目に地獄の亡者してないで、「狂った亡者」になれば良いのだ。
しかし、よく考えると、「狂った世間で狂った者」「地獄の不真面目な亡者」とは、「まともな者」「天使」なのだ。

地獄が「覆い隠されること」「閉じ込められた場所」なら、覆いを取って明らかにし、壁を壊して出て行ってしまうことが狂うことだ。
殺人や暴力、いじめをやる者は、この世で狂ってるんじゃなく、この世という地獄の中では真面目な亡者なんだ。だってそうだろ?彼らは、最大の閉塞感を持った連中ばかりじゃないか?そんな連中をいくら糾弾してみたところで、明日は自分がそんなことをするかもしれないのだ。私は、凶悪な犯罪者を見ていると、それが自分だと感じたものだ。本当は、皆同じではないだろうか?だからこそ、かえって、みんな彼らを罵倒するんだ。自分が彼らに全く似ていないなら、憎しみより哀れみを感じるはずなのだ。

「涼宮ハルヒの憂鬱」で、憂鬱な美少女ハルヒさんが、閉鎖空間を発生させるなんて、著者の谷川流さんの素敵な冗談だ。
ハルヒは、中学時代、ずっと狂ってたのだから、もっと大いに狂いなさいと言いたいところだが、高校生になる頃には、地獄に馴染んできたようだった。小説の感じとは違うかもしれないが、キョンに出会って、またまた派手に狂いだしたのだからいいじゃないかと言いたいところだ。そういえば、今月、2年振りに新刊が出るようだ。さて、どうなるのか。

さて、あなたも真面目な亡者していないで狂えば良い。いや、狂わねばならない。
良い表現が無いのでこう言うが、決して視聴覚障害者を愚弄する意図はないが、「盲人の国では目明きは盲人」だ。我々は、それになることが必要だ。
そして、この世で最高の目明きは、実に、肉体的には見えず、聴こえなかったヘレン・ケラーだった。彼女は、「五感は幻想。純粋観念のみが真理」と言ったのだ。

地獄での正しい狂い方は、殺人や暴力を振るったり、快楽に耽ることではない。それでは、単に「まとも」で、地獄で表彰されちまう。
世間で、美食を広めて人々の心身を損なわせ、自動車を売りまくっていろんな問題を起こし、子供を良い学校に入れるよう煽りまくると、やっぱり狂った世間で賞賛される。
地獄や世間で最高に狂うとは、英知を賞賛し、それに従うことだ。そうすれば、間違いなく、世間では狂人にされる。英知に従えば、飽食、美食にならないし、必要がなければ車に乗らないし(ほとんど無いさ)、学校の成績なんて気にしない。
そして、英知は本当は我々の中にある。
英知を覆い隠すこと、それが本当の地獄だったんだ。
神である本当の自分を閉じ込めてしまうことが地獄だ。
「吾神なり」って、地獄や世間での最高の狂い方で、地獄では逮捕され、世間では呆れられる。
イエスさんみたく、海の上を歩き、嵐を叱って静め、水をワインに変え、食べ物を空間から無限に出したら、やっぱり彼と同じように犯罪者扱いされちまう。イエスさんは「吾キリスト(神人)なり」って言ったのだから。
だから、「吾神なり」と自分に言い聞かせることだ。だが、「だから俺は偉い」なんて思ったら、それでは地獄の亡者と同じだ。
衣食住を意思で出現させられるようになっても、偉くもないともない。そんなの、当たり前でしかない。
閑吟集では、狂い方まで教えていない。壁を壊して飛んでいってしまう方法を教えていない。
それは、自己を神と見ることだ。そこまで自信が持てないとしても、まずは、不可能はないと考えることだ。神に不可能はないのだからね。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

GWの憂鬱

GWとはいえ、そう誰もが休暇である訳ではない。宅急便は毎日届くし、レストラン、料亭、百貨店等は休みどころではなく、平常よりはるかに多忙だろう。
休みたいが休めない人は多い。それは、本人だけでなく、家族が休んで欲しいと思っていることも多いだろうし、休みを取れない者も、自分以上に、家族への後ろめたさがあるかもしれない。そこへいくと、独身者は好きなように仕事が出来て気楽なものだ。
私はだいぶ以前のことだが、ある年の12月半ばから、翌年、GWも越え、5月末頃まで、1日の休みも取らず、毎日例外無く、朝7時半にオフィスに出て、深夜0時過ぎまで仕事(コンピュータソフト開発)をしたことがある。
少しはちゃんとしたソフト開発者らしくなった頃で、まだ慣れていなかった新しい開発ツールを使う仕事を1人で請け負ったのだった。
別に会社のためなんてことは1ミリも考えていなかったが、当時は、鬼のごとく働くことで、抜きん出た人間になれるのだと思っていたものだ。ビル・ゲイツが、休暇なしにフルタイムで働き、独身時代は持ち帰りピザの夕食の日が多かったことも何かで読んでいて、見習うつもりででもいたのだろう。また、奥城良治さんという、16年連続で日産自動車でトップだったセールスマンに敬服していたことも大いに関係があったと思う。ちなみに、彼の仕事振りは、私の比ではなかった。
その5月も終わろうとしていた頃、日中、コンピュータ画面を見ていたら、不意に胸に圧迫感を感じ、それが苦痛に変わってきた。ひどくなってきたので、仕方なく、私は救急車を呼んでもらおうと立ち上がり、他の人達のいるところに少し歩いた時、目の前が真っ暗になっていったところまでは覚えている。
自分では、ほんの1~2分、気を失っていただけと思ったが、10分以上で、しかも、自分では分からなかったが、相当うなされていたようだ。
幸い、検査をしても、何の異常もなく、翌日から普通に仕事が出来た。まあ、誰も救急車を呼んでくれなかったことは、ちょっと気になるといえばなったが・・・(迷った人はいたようだ)。
結局、私は良い収益を会社にもたらしたので、上司は昇格を推挙してくれたのだが、いろいろあってそれは成らなかったし、私も無い方が良いと思っていた。
その半年に渡り、1ヶ月あたりの残業時間は軽く200時間を超えていたかもしれないが、私は会社には1分と申請しなかった。よって、会社からは、定時出社定時退社としか見えなかった。それに、確かに大したものではなかったが、平社員個人の業績が評価されることは無い。よって、昇格に値しないことは理解していた。もっとも、一番大きな要因は、大学中退であることだったようだ。
会社を辞めるとき、ボーナスを貰ってから辞めるのが通例かもしれないし、残った有給休暇を最後に全部使い切るのも、言わば、当然の権利で別に悪いことではないのかもしれない。しかし、私はボーナス支給前に辞め、有給休暇も1日も使わなかった。有給休暇を、敢えて申請手続きをしてまで取得する気にもならなかった。面倒だからだ。

私のように、自分の都合で勝手に働くのは良いのだが、元旦に宅急便が届くのは本当に嫌だ。ドライバーだって休みたいだろうし、家族も一緒に居て欲しいだろう。テレビで、元旦営業を宣伝する料亭や百貨店のCMを見ると、従業員の方々が気の毒でならない。私は、こんな国が嫌だなと思う。
科学を発展させたり、人々のために勤勉に働くのは良いことだ。それが、3割くらいまでなら、個人的な利得のためであっても、むしろ努力を賞賛しよう。しかし、過度な地位や富を求めるのであれば、それが浅ましいことであるかどうかは言わないが、結局は悲惨を味わうことになる。例外なんて1つも無いのに、自分にだけは当てはまらないと思う者は少なくないようだ。
そんなこんなで、GWは、ほんの少し憂鬱なこともあるのである。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

隠された言葉

少女が「大キライ!」と言う時は、半分以上は「大好き」であると認識しないのは、朴念仁(ぼくねんじん。わかやずや)というものだろう。
一方、いい大人が、「キライだな、ボクは」と言うときは、本当に嫌いなのだろう。ただ、この場合、嫌いなのが何かは実に曖昧な場合が多い。
それはともかく、これらは、ちゃんとした言い方をするなら、「私は大スキ」「ボクはキライだ」であるが、主語の「私」「ボク」を省略、あるいは、後に持ってくることで、スキとかキライを強調しているのだ。
そんな言い方は、どこの国でもよくある。
ビートルズの「And I love her」という歌の中に、

Bright are the stars that shine,
dark is the sky

という歌詞があるが、英語に疎い私でも、初めて聴いた瞬間、なんともロマンチックに感じたものだ。
これが、

The stars that shine are bright,
The sky is dark

なら、効果半減、いや、1/10といったところだ。

つまり、大事なことは最初に言うと、強く心に訴えるということだ。
詩は短い言葉で、心情を伝えることが必要なので、そんな表現をよくするのだろう。

Sugar is sweet,
And so are you!
砂糖は甘い、そして、あなたも

のように。この場合は、甘いことを強調したいのは砂糖ではなく、「あなた」なので、そこだけひっくり返しているが、単に、「Sweet is you」と言うより更に効果がある。女の子を口説くための工夫には、知恵を絞るもののようである。

世界の本質を創るのは心だ。
だから、人類は、良い意味でも、悪い意味でも、暗示の力を重要視し、時に有難く利用し、時に恐れた。
フランスのエミール・クーエは自己暗示の脅威の力を実証し、その優れた使い方を教えたことで世界的に知られている。
ならば、このさかさま言葉、堅苦しく言えば倒置法の大切さも分かろうというものだ。
「俺は強い」と言うと、「俺は」という間に、肝心な「強い」は薄められる。また、「俺は」という我が強まり、心が狭くなる。
「強い、俺は」の方が、暗示効果は百倍となる。

「勝つのは私ですから」
~「魔法少女リリカルなのはA's」より。フェイトの言葉~

以下は、余裕があれば読んで欲しい。秘法に属すので、強力だが危険もあるように感じる。
ギリシャ、古代ローマ、古代インドで、最も尊い聖語は、

エゴ・エイミー(ギリシャ語)
エゴ・スム(ラテン語。古代ローマの言葉)
ア・ハン(サンスクリット語。古代インドの言葉)

であると言われることもあるが、これは、英語では「I AM」である。
「ヒマラヤ聖者の生活探求」を著したアメリカの採鉱家、探検家、精神的指導者、講演家だったベアード.T.スポールディングが、ヒマラヤの聖者達から教わったのは、「I AM」は第2音節で、第1は「GOD(神)」であるということだ。つまり、「God, I am」である。Godが最も大切で、最初に言うべきであるが、それを隠しているのは、ギリシャでもローマでも、インドでも同じだ。
スポールディングが実際に逢ったイエス(復活後、不死である)は、神という言葉が最も偉大であること、その言葉が最も多く使われるが故に、(仮に誤訳や改ざんがあっても)聖書が最も偉大な書物であることを詳しく説いた(「ヒマラヤ聖者の生活探求」第3巻。しかし、まずは1巻から読むこと。)。
これらの聖語を使う時は、その本質である神を意識していなければならない。I AMは、自己が神であるという承認語であるが、神という言葉自体は強力過ぎるが故に隠す必要があるのかもしれない。
神という言葉は、見ても、言っても、想っても強力な効果がある。
ちなみに、わが国の古事記にも神という言葉が多く、この書の重要性を直感的に認めていた優れた人物は多い。説明なしに「古事記を読め」と言う人がよくいたのだが、知る限り善意であった。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ネクタル(神酒)とアンプロシア(神食)とは

天使が食事をする姿は想像も出来ない。なぜなら、天使が食事をしたという話など聞いたことがないからだ。
天使は食事をしない。
ただ、人の中にいる天使は、少し食事する。身体と魂が離れないためにだけ。

神は、神らしく食べる。
豊穣の女神デーメーテールは、ワインを勧められたが飲まず、大麦の粉を水で溶いたものを要求した。その娘の愛らしいコレー(乙女の女神。別名ペルセポーネ)は、支配することになる冥界に初めて来た時は、数年を過ごした後、ザクロの実を4つだけ、彼女をさらった夫ハーデースの手から食べた。
ゼウスとアポローンは花の蜜で育った。特にアポローンの未来を読む能力はそれで得たと言われている。
ゼウスは人に牛の肉を譲り、神は骨を取ることに決める。永遠たる神にふさわしく、腐る肉ではなく、いつまでも残る骨を選んだのだ。
女神と見紛う美しい乙女プシュケーはネクタル(神酒)を飲んで女神になった。エロースに求められて花嫁になるために。それで、彼女の美もまた、永遠となった。
ヘシオドスに詩を教えた女神ムーサは、人を「食う腹しか持たぬ愚かな者」と言った。だが、人もネクタル(神酒)やアンプロシア(神の食べもの)で神になる。
ネクタルやアンプロシアとは物質そのものではない。決まった時間に決まったものを決まっただけ食べる慎ましく清らかな食事がネクタルでアンプロシアである。
言い換えれば、神であることを自覚しながらする食べれば、それがネクタルでアンプロシアになる。だから、イエスは、あらゆる食べ物は清いし、食べるもので穢れないと言ったのだ。
ただ、人は肉を神として食べることが出来ない。それを食べるときは畜生か餓鬼になる。よって、他のものが手に入る限り、肉食は避けるべきなのだ。

自分が何であるかは、どんな者として食べるかによる。
天使らしく食べれば天使だし、神らしく食べれば神である。
仏らしく食べれば仏である。神や天使、あるいは、仏陀の食事とは儀式である。
だが、餓鬼のように食べれば餓鬼で、畜生のように食べれば畜生だ。
食が全てを決めるとは、そのような意味である。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

何をがんばろうというのか?日本

テレビをつけていると、頻繁に「がんばれ日本」の声と文字が出てくる。しかし、いったい、何をがんばるのだ?
運動競技場の近くを歩いていたら、選手かコーチが何人か飛び出してきて、あなたにゲームに加われと言う。あなたはルールも知らないと言って断るが、彼らは、何でもいいからボールを持って走れ、点数を稼げ、とにかくがんばれと怒鳴り散らすばかりだ。
「がんばれ日本」なんて、それと同じだ。それが、子供の時から、我々がやらされてきたことだ。そして、なぜがんばらないといけないのかと尋ねると、問題児の烙印を押されるのだ。
がんばっていい点を取れ、がんばっていい学校に入れ、がんばって焼肉をたくさん食べろ、がんばっていい車を買え、がんばって売りつけて来いといった具合だ。
我々にとって、「がんばる」とは、世間の価値観に合ったことを何も考えずに熱心にやるということで、言い換えれば、世間の教義や信念にひれ伏せということだ。

よく我々は「自分の頭で考えろ」と言う。いったい、何を考えるのだ?
いい点を取る方法、いい学校に入る方法、焼肉をたくさん食べられる方法、いい車を買える方法、買ってもメリットの無い相手に売りつける方法なのか?
自分の頭で考えるとは、本能の支配をかわして、内なる声を聞くということだ。それは、世間の教義や信念を打ち壊すことである。

我々を無知に追い込み、動物と区別とつかないものにする本能の支配に打ち勝つ最も易しい方法は、食を慎むことだ。しかし、別に断食や極端な少食といった苦行をする必要は全くない。食は楽しめばいい。
ゲーテ、カント、ヘレン・ケラーらが崇敬し、エマーソンをして人類の5人の偉人の一人と言わせたエマニュエル・スウェーデンボルグに天使が囁いたように、「満腹するまで食べて自分を甘やかすな」というだけで良いのである。
食べるべきでない時に食べない。余計なものを食べない。それだけのことである。
食の慎みは、人を天使に近付ける。そうすれば、性欲や物欲もたやすく克服できる。敬う心や、思いやる心も起こってくる。高貴な勤勉さも得られる。愚かなことをがんばれば国を滅ぼすが、食の慎みは世界を平和にすることになるのだ。
真の勤勉さは熱狂してがんばったりしない。種が芽吹き、茎が伸び、葉が茂り、咲く花は無心だ。だが、それは無知ではなく、英知に導かれているのだ。自然を真摯に観察すれば、その英知に驚愕するはずだ。
我々だって、自然の内にあり、やはり無限の英知に導かれるはずなのだ。人が拒否しない限りね。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ