ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

見込みがある人間とない人間の違いは1つだけ

見込みがある人間かどうかは、子供の時から分かる。
ただし、子供の時には見込みがあったが、大人になってからはそうでないこともある。
逆に、子供の時は見込みがなかったが、大人になってから見込みが出来、成功することもある。
その違いは簡単に分かる。
たった1つだ。それは、
「明確な目標を持っているかそうでないか」
である。
たとえ何歳になっても、明確な目標を持つようになれば大逆転する。

中学生や高校生の時、試験が終わって順位が出た時、
「150番か、また下がったな」
「うわ!50番になれた!これはすごい!」
などと思う生徒は見込みがない。
最初から順位に全く興味がない場合は別だが、普通は、それなりに関心があるだろう。
それでいて、上記のようではいけない。
何が悪いのかというと、目標を何番と決めていないことだ。
はっきり目標を決めていれば、だいたい、その順位になるのである。
もし、ならないとしたら、単に、目標を忘れていたか、本気の目標でなかったのである。
サラリーマンでもそうで、「年収520万円だ。駄目だな」「月給手取りわずか18万か。安いなあ」と思っているなら見込みはない。
これも、目標額をはっきりと決めておかないといけない。
つまり、いくら欲しいのかが明確であるサラリーマンが見込みがあるし、実際に目標通りになるのである。
「いつまでに年収〇〇万円」「来年の年収〇〇万円」という、期限付きの目標を持つと良い。

ダイエットをするのに、明確に体重〇〇kgとか、ウエスト〇〇cmという目標を決めないのは、おかしなことと思う。
それさえ決めれば、確実にそうなるのである。

彼氏彼女がいないことを嘆くなら、欲しい彼氏彼女の条件を決め、それを覚えておけば良い。
ところで、ベルベル・モーアの『あなたの望みは宇宙がかなえてくれる』という世界的ベストセラーでは、著者モーアは、欲しい彼氏の条件を好きなだけ設定し、期限は3ヵ月と決めると、3ヵ月後に、条件通りの彼氏が出来た。
ただ、モーアは、願ったことを忘れたと言うし、忘れないといけないとも言う。
ただし、3ヵ月後に条件通りの彼氏が現れた時、モーアは驚きはしたが、「条件も期限もぴったり」とはっきりと分かった。つまり、目標を覚えていたのだ。
確かに、目標に執着し過ぎても叶わない。
だから、『ザ・シークレット』の中にあるが、ジャック・キャンフィールドがやったように、「年収目標10万ドルを忘れないために」10万ドル札を自作して寝室の天井に貼ったというふうに、単に、忘れない工夫をすれば良いのである。
(キャンフィールドは翌年の年収は9万3千ドルでほぼ達成。その次は100万ドルと設定し、きっちり100万ドルの小切手を得る)
普通は、紙に書くか、スマホのメモ帳アプリにでも書いておくと良い。
『ザ・シークレット』に書かれていたと思うが、著者のロンダ・バーンは体重65kgになってしまった時、理想体重である「53kg」と紙に書いて体重計に貼っておいたら、その通りになったらしい。それ以外に何もする必要はない。
最も良いやり方は、わずか30ページほどの最高の引き寄せの古典である『イット・ワークス』に書かれている。
Amazon Kindle版が180円で入手出来る。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願いが叶った宇宙にフォーカスするには

パラレルワールド(並列宇宙、並行宇宙)とは、文字通り、この宇宙と並列(2つ以上のものが存在して並ぶこと)して存在する宇宙で、我々が一般に知る移動手段で行くことは出来ないし、観測することも出来ない。
それは遠くにあるとかいうのではなく、我々が住む宇宙と、ぴったりと重なって存在しているのかもしれない。
以下は、あくまで、並列宇宙に関する1つの説である。
並列宇宙は無限に存在することが出来、さらに、新しい並列宇宙が瞬間的に生まれる。
そして、並列宇宙は、この宇宙とよく似ている。
どのくらい似ていて、どのくらい違うかは、並列宇宙ごとに様々のようだ。
例えば、自分視点で言うなら、この宇宙では、青い色の服を着ているが、1つの並列宇宙では、赤い服を着ているというだけという違いかもしれない。
ところが、さらに別の並列宇宙では、この宇宙の自分と全く異なった存在かもしれない。
例えば、この宇宙では平凡な高校生でも、ある並列宇宙では、大スターかもしれない。
あるいは、この宇宙では平凡なサラリーマンである自分が、ある並列宇宙では、大会社を経営する社長であったりする。

このような並列宇宙が存在すると考えるのはSFマニアのような人達だけでなく、量子物理学者にも存在する(元々が物理学の1分野である量子力学から生まれたものだ)。
そして、いかなる並列宇宙も、人間が想像すれば、即座に生まれるという考え方がある。
そうであれば、自分が目標とすることが実現していると想像すれば、そんな世界が生まれてしまうのである。
そして、並列宇宙に居る自分は、この宇宙の自分と異なる存在ではない。
そうであれば、いかに壮大な、叶えることがおよそ不可能に思えるような願いであっても、それは即座に叶ってしまう。
ただ、それは、この宇宙ではなく、並列宇宙でのことであるのだが、違いはそれだけである。
同じ自分であるからには、この宇宙の自分と、並列宇宙の自分はつながっていて、そのつながりは極めて密接であり、異なった存在とも言えないほどである。

上記のことが本当のことだとしよう。
それなら、もし夢を叶えたいという場合、どのようにすれば良いのだろうか?
最もありきたりな考え方とすれば、願いが実現している並列宇宙の自分と、この宇宙の自分が入れ替われば良いというものがある。
ただ、そうであれば、せっかく夢を叶えた並列宇宙の自分が、今の駄目な自分にならなくてはいけない。それは可哀そうだ(笑)。

しかし、夢を叶えた並列宇宙の自分と、この宇宙の自分は別人ではないのだ。
だから、別に入れ替わる必要などなく、夢は叶っているのである。
さけど、それでは面白くないと思うだろう。
この宇宙では、憧れのあの子に見向きもされないが、並列宇宙の自分は、あの子とデートしたり、旅行に行ったりしているのである。

では、どうすれば良いかというと、例えば、この宇宙と、理想的な状況の並列宇宙を融合させれば良いと考える人もいるらしいが、それは想像し難い。
そこで、こういう考え方があり、これなら既にやったことがある気がする人もいると思う。
それを説明しよう。
全ての並列宇宙にいる自分は、1つの魂を共有している。
ただ、この、冴えない、駄目な自分がいる宇宙の自分にフォーカスし過ぎている(焦点を当て過ぎている)だけである。
大きな願いを叶えている並列宇宙の自分には、1パーセントしかフォーカスしていないので、現実感がないのだ。
だが、好ましい並列宇宙の自分に強くフォーカスすれば、その状態を生きていることを実感する。別に、入れ替わる訳ではない。
フォーカスが弱い宇宙の自分は、おぼろな夢の中にいるようなものだ。

そんな訳で、願いがあれば、それが叶った状態を想像して、宇宙を生み出し、その新たに生まれた並列宇宙の自分にフォーカスすれば良いのである。
では、どうやってフォーカスするかだが、思い違いし易いのが、
「強くイメージする」
「生き生きとイメージする」
「熱情を持ってイメージする」
などである。
なぜ、これらが思い違いであるかというと、我々は、今、この宇宙の自分にフォーカスしているはずが、普段、それほど、熱情的ではない。
そりゃ、時にはテンションが上がっていることもあるが、そんなものが長く続くことはない。
つまり、熱情的な時も含め、自然であるから、この宇宙にフォーカスしているのである。
好きな女の子が告白してきたら、そりゃ、興奮するだろうし、「まさか」と思うだろうが、それでも、不自然だとは思っていないはずなのだ。
夢のような出来事が起こった時、漫画などでは「本当だろうか?」と頬をつねったりするが、まさか、本当にそんなことはすまい。つまり、いかに歓喜しようが、フォーカスが合っているなら、自然なことだと感じるのである。
夢が叶った世界を「当たり前」だと、静かに受け入れれば良いのである。









  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最高の引き寄せは3つの言葉で言い表せる

何度かご紹介した、引き寄せの古典『イット・ワークス』の英語版の本(『It Works』)の表紙に書かれた言葉が、引き寄せに関し、最も重要なことを端的に述べている。
それは、

If you KNOW what you WANT, you can HAVE IT.
欲しいものが何かを知っていれば、それを得られる。

だ。
大文字で構成された3つの部分が、引き寄せの法則を3つの言葉で表している。
WANT・・・欲しいものを
KNOW・・・知っていれば
HAVE IT・・・それを得る
つまり、引き寄せが出来ない理由は「欲しいものを明確に知らない」ことだ。

「何が欲しい?」と聞かれても、ほとんどの人は(質問者に答えるかどうかは別にして)その答を持たない。
答を持っていると言っても、明確でない。
「お金が欲しい」と言っても、いくらのお金をいつまでにと明確に言えない。
「彼女が欲しい」と言っても、その彼女が何歳で容姿や性格がどうかすら言えない。
「小説家になりたい」と言っても、いつ、どんな内容の本をどんなサイズで出すのか言えない。

いつまでも続く『エヴァンゲリオン』というアニメがあるが、20年ほど前の最初のアニメがまさに、「シンジが欲しいものを明確にする」というだけのパーソナルな物語だった。
当時、『新世紀エヴァンゲリオン』を見たヨーロッパのプロデューサーが「少年の成長過程が素晴らしい」と言った。
主人公の14歳の少年シンジの頭の中で、ミサトやレイが繰り返し、「何を望むの?」「何を願うの?」と問う。
シンジは、みんなに好かれたいと願っていて、そのためには、自分に価値が必要だと思った。
あまりに曖昧な願いだ。
けれども、エヴァンゲリオンに乗って使徒をやっつけることが出来ることが大きな価値であると気付く。
それをすれば、皆から好かれそうである。
ところが、それをやっても、確かに好かれる場合もあるが、嫌われることもあることに気付くし、好かれると言っても、自分自身が好かれている訳ではないと思い始める。
それでまた、価値を失くし、シンジは悩む。
明確な目標がないままウジウジと悩む中で、シンジは沢山のパラレルワールド(並列宇宙)を生み出してしまい、それらのパラレルワールドがごっちゃになったまま、今も続いているという訳だ。
優柔不断なやつは迷惑だ(笑)。
結局のところ、問題は、シンジが明確な目標を持たないという、たったこれだけのことだ。
解決策は、どのパラレルワールドと親密になるか決めるということだ。
シンジは、レイかアスカか、他の誰かの1人を選び、将来の目標を決めれば良いだけなのだ。
「将来の目標」なんて言うと、社会に洗脳された者は、ショボい目標を思い浮かべてしまうが、アニメそこのけ(凌ぐほど立派)の目標でも良いのである。
例えば、こんな目標だ。
レイとアスカの両方と結婚し、トップのロボット工学研究者になって大成功し、富を得て人々に尊敬される。
それをそのまま達成するかもしれないし、途中で、「やっぱり彼女はアスカだけ」とし、研究者じゃなく、IT技術者から事業家に・・・と目標を変えるかもしれない。
しかし、最初の明確な目標がなければ、何も進まない。
あなたも、自分が欲しいものは何かをはっきりさせないと、いつまでも楽しい状況にはならない。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

モテたければ

あなたは、異性にモテたいだろうか?
そうであれば、絶対やってはいけないこと、やっていたら止めないといけないことは、「恋愛ゲーム」「妄想的恋愛小説」「アダルト関係」だ。
以下、明晰に説明する。

恋愛ゲームのテレビCMで、若くて美しい女優さんが、夢中にでもなっているかのように、その恋愛ゲームをしている素振りをするが、言うまでもなく、あんな人は恋愛ゲームをしない。
現実で、恋愛の相手に困らない人が、恋愛ゲームをする必要がないことは、誰でも分かるはずだ。
つまり、現実でモテないから恋愛ゲームをするのである。
だが、ことは、それだけではない。
「恋愛ゲームやアダルトゲームをすると、モテない波動が出てしまう」のである。
元々がモテなくて恋愛ゲーム等をやると、モテない波動ばかりが出て、モテる波動が全く出なくなってしまう。

また、承知でやっている場合もあるだろうから、決して批判ではないが、アイドルの熱心なファンをやっていても、モテない波動になってしまい、モテなくなる。
私の知り合いの女子に、ジャニーズの非常に熱心なファンがいて、本人に決して魅力がない訳でもないのに、全く彼氏が出来ないし、出来そうな気配が全くないのである。

ただ、腐女子と言うらしいが、女性でBL(ボーイズラブ)という、男同士の恋愛ものの小説や漫画が好きな人がいるらしいが、そういった女子の場合、案外、彼氏がいたりする。
つまり、自分を慰めるために楽しんでいる訳ではないので、モテない波動にはなっていないのだ。
また、初音ミクさんのライブは、カップルで来ている人も多く、全部が全部、モテない訳ではないだろうが、ミクさんを恋愛対象と考えたり、邪な目で見る者は(笑)、やっぱり、本物の女子が寄って来ない波動が出てしまっている。まあ、人間の女の子に興味がないなら、それで良いのかもしれないが。

「恋愛ゲーム」に夢中になると、モテないどころか、下手したら、異性から避けられる波動を出すし、「アダルトゲーム」なら、確実にそうなると思う。
ゲームだけでなく、雑誌、ビデオ等のアダルト関係のものや、ネットのエロ画像集めも同じである。
学生など、若い男の子はみんなエロ雑誌やアダルトDVDを持ってるなんてのは嘘である。モテる男子は、全く持っていない。
よって、モテたいなら、その手のゲームや雑誌等は全部捨ててしまい、入手しないことをお薦めする。
また、漫画やアニメのイケメンキャラや美少女キャラに夢中になるのも、やっぱり、モテない波動を出す。
3次元の(つまり現実の)男や女に愛想をつかし、もうモテなくて良いなら、それで良いのだろうが・・・

では、モテる波動を出すにはどうすれば良いかというと、逆に、「恋愛ゲーム」「アダルトゲーム」「妄想的な恋愛小説」「アイドルオタク」「エロ本・雑誌・ビデオ」などから、一切手を引けば良いのである。
そうすると、生命は異性を求めるのであるから、自然に異性を引き寄せる波動が出るのである。
ただし、無理に禁欲的になるのではなく、他の楽しいと思うことをやれば良いのである。
スポーツや好きな勉強、芸術、技術等、何でも良い。
男でも、女でも、何かに打ち込んでいる者が、モテる波動を出すのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

好ましい世界に移行する

谷川流氏の小説『涼宮ハルヒの憂鬱』で、涼宮ハルヒという高校1年生の少女の周囲には、ハルヒ自身は気付いていないが、宇宙人、未来人、超能力者が居た。
なぜ、そんなことになったかというと、ハルヒが願ったから・・・という、それだけの理由だった。
ハルヒには、いかなる願望も現実にする力がある。
だが、実をいうと、誰にでもそんな力がある。

筒井康隆氏の半世紀以上のロングセラー『時をかける少女』の、角川文庫版に同時収録されている『果てしなき多元宇宙』の中に、ちょっと似た状況が描かれた話がある。
ハルヒ同様、美少女高校生の暢子(のぶこ)には、ハルヒほどの深刻さではないが、憂鬱に思うことがいろいろあった。
彼女は、自分が美少女であることを自覚していたが、鏡を見るたびに、まぶたが一重であることを残念に思っていた。二重なら、もっと魅力的なのに・・・と。
ところが、ある時、彼女のまぶたは、ぱっちりとした二重になっていた。
また、彼女は、ピアノを習っていたが、あまり上手くなかった。
それで「黒盤がなければいいのに」と思ったら、そうなってしまった。
まさにハルヒ級であるが、暢子の場合は、状況を認識しており、驚いていた。

ハルヒがそうなったのは、3年前の小学6年生の時の、ある出来事のせいだし、暢子の場合は千数百年後の、ある出来事のせいだった。
だが、人間は誰でも、本来、こんな力を持っている・・・というより、世界がそのように出来ている。

最後に、西尾維新氏の2006年から始まり、現在も継続中の『物語』シリーズの中の話を取り上げる。
こちらは、ハルヒや暢子と違って、野郎で(笑)、イケメンでも格好良い訳でもない高校3年生の阿良々木暦(あららぎこよみ)の話だ。
彼は、ある事件の際、なんとか生き残ったのだが、死んだ世界もあり、死んだ方の世界を見る。
自分が死んだ世界は、生き残った世界とは大きく変わっていた。別に、彼が重要人物であった訳ではなく、たまたまなのだが。

上の3つの小説は、フィクションながら、この世界の有り様を、分かり易く言い表している。
実際、世界(宇宙)は沢山あるのだ。無限と言って良いかもしれず、しかも、さらに新しい世界が簡単に生まれる。
どのようにしてかというと、暢子が「まぶたが二重だったら」と思ったことによってだ。
その瞬間、彼女のまぶたが二重の世界(宇宙)が生まれたのだ。
このような多重世界を、並列宇宙、並行宇宙、パラレルワールドと言い、多くの科学者が、それは実際にあると考えている。
だが、いくら沢山の世界があっても、自分の魂は1つか、あるいは、全ての世界の自分はつながっていると考える者もいる。おそらく、その通りだろう。
そして、今の自分が借金地獄に苦しんでいても、別の世界の裕福な自分にフォーカスすれば、裕福になる。
別に、裕福な世界の自分と「入れ替わる」訳ではない。同じ人なのだから。
これには、いろんな説があるが、「自分が借金まみれの世界」と「自分が裕福な世界」が融合し、裕福な状況の方を残すという説もあるが、こんな説もある。
これまで、魂の多くの部分が借金まみれの世界にフォーカスしていたのが、その世界(借金まみれの方の世界)のフォーカスレベルを下げ(1パーセントくらいに)、裕福な世界へのフォーカスを大きくする(98パーセントくらいに)ことで、裕福だということの現実感が大きくなるのである。
学校の、あるいは、会社のマドンナに憧れるだけで、全く見向きもされない世界もあれば、マドンナに奉仕されまくっている世界もあり(自分がそんな世界を考えれば生まれる)、どちらも現実だ。
実際、私も、中学時代、絶対モテないと思える、およそ取り柄のなさそうな男子生徒が、不意に、学校のマドンナと親密になるのを見たことがある。

引き寄せの正体は、これかもしれない。
では、どうやってやるかというと、多分、いろいろあるのだ。
やはり『イット・ワークス』の手順でやることをお薦めするが、ダリル・アンカが宇宙人バシャールを通してその方法を説明していたような気がする(どの本に書かれてあったかは分からない)。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード