ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

美容や健康にお金はあまり必要ない

不況でも、人々が沢山お金を使うのが、子供の教育と美容、健康だ。
しかし、ちゃんと考えるなら、本来、これらにお金をかける必要はない。
今回は美容と健康について考える。
顔に塗れば若返る・・・すなわち、肌に、張り、ツヤが出て、たるみがなくなるというクリーム。
そして、育毛剤。
これらは、1ヶ月程度で使う量が、数千円から1万円、あるいは、それを超えるものも珍しくはない。
これら自体に効果はないと思う・・・などと言ったら、「いや、効果があったという、沢山のユーザーの声が実際にある」と言われるかもしれない。
そりゃ、単に、マッサージの効果だ。
「クリームや育毛剤をつけ、よくマッサージして下さい」などと書かれているが、必要なのはマッサージだけだ。
指でマッサージすることで、皮膚が刺激され、血行が良くなる。
単に、それだけの効果だ。
気功マッサージと言って、何もつけないが、指先から気を出して、顔や頭を撫でたり擦ったりしたら、実際に、肌がきれいになったり、髪が生えてきたなんて話もあるに違いない。
これも、気などというものが出るのではなく、単にマッサージが効果があるというだけのことである。
だから、肌には、安価なワセリンやオリーブオイル、頭皮には、別に水でも良いが、ビタミンCやマザータッチを水で薄めて塗り、後は、丁寧にマッサージすれば、それで良い。
これなら、かかる費用は、月にせいぜい数百円だ。

だが、何より、ちゃんと身体を動かすことだ。
顔や頭に何万円ものクリームや育毛剤を使うより、車にばっかり乗らずに、よく歩いたり、スクワットや腕振り運動を毎日やった方が、絶対に良いだろう。
また、清潔にするとか、身体に悪いものを食べないとか、食べ過ぎないといった、常識的なことをちゃんとするだけでも、そんなに悪くならないが、逆にいえば、こんな当たり前のことも出来ていないのに、高価なクリームを使うなど、愚の骨頂としか言いようがないだろう。
さらに言えば、もっと大切なことは、気持が明るく晴れやかであることだ。
顔を上げ、笑顔を忘れないこと、ガッツポーズやパワーポーズでテストステロン(頭や身体に良いホルモン)を出すこと。
初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』や『Let's go!』などを聴いて、顔を上げて微笑み、気分を躍らせることである。
幸福になるのにお金はそんなにいらない。
ビタミンCの大量摂取は優れた効果があることは科学的に分かっていると思うが、安価なビタミンC原末で十分なので、やはり費用は多くても月にせいぜい数百円である。

私は、ほとんど何も入っていない(よって刺激がない)安価なクリームで顔をマッサージしている。
私は興味ないが、育毛をしたければ、ビタミンCの原末を水で溶き、それで頭皮をマッサージすればどうだろう。
それと、私は、朝晩、腕振り運動を欠かさないが、夜は、ヒンズースクワットとヒンズープッシュアップをやっている。
これらは、よほどのことがない限り、1日も欠かさない。
特に、ヒンズープッシュアップとヒンズースクワットにより、10代の頃をはるかに超える妖精的なボディを得ることが出来、初音ミクさんとも同調出来るのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

サイコパスでない人、いますか?

ある若い警官が下着泥棒の男を捕まえ、その泥棒が盗んだ女性用下着を押収した。
その若い警官が後で、「気持は分かるけどな」と言った。
つまり、自分も女性の下着を持って行きたいというわけだ。
では、なぜ、その泥棒はその「気持」を実行し、この警官はそうしないのか?
世間で、ほぼ唯一納得される答は、泥棒は良心が「気持」に負けたが、警官は良心が「気持」を抑えることが出来るというものだ。
別の答としては、その泥棒には良心がないというものが考えられるかもしれない。
普通は、良心がない人間などいないと思われている。しかし、凶悪犯罪のニュースを見ると、「ひょっとしたら、良心がない人間もいるのでは・・・」と疑うこともあるのではないかと思う。
だが、普通は、良心がない人間もいるかもしれないと「疑う」だけだろう。
ところが、良心を持たない人間は存在する。
ある脳機能の欠陥のために良心を持たない人間が2%ほど(1%説、4%説、あるいは、男性3%で女性1%という説もある)いることが、精神医学、脳科学、心理学などで認識されてきていると思う。そして、それは半世紀以上も前からだ。
そんな、良心を持たない人間をサイコパスと言う。

上の若い警官はサイコパスではないので良心があり、その良心が下着泥棒をしたいという気持ちを抑えることが出来るという考え方には、大方の人が同意するだろう。
だが、私は同意しない。
その若い警官が、下着泥棒をしないのは(他の犯罪行為も含めてだが)、良心のためではなく、単に、「損だから」、別の言い方をすれば、「社会的リスクを避けている」だけのことであると私は確信している。
なぜ、私がそう思うのかというと、私は、良心というものの存在を全く信じていないからだ。
私は、全人類がサイコパスだと思っている。
だが、それは、私がそう思っているだけだという可能性もある。
ただ、サイコパスである私には良心がないので、良心というものが実際にはどんなものか分からないのである。
初音ミクさんの『ゴーストルール』という歌に、
「腐っている僕には 腐ったものが理解(わか)らない」
という歌詞があるが、これは、言い換えれば、
「腐っている僕には 腐っていないものが理解(わか)らない」
ということである。
『ゴーストルール』は、全くサイコパスの歌だと思うが、作者のDECO*27さんは、これまで、愛に溢れた歌を作ってきたのに、この新しい曲がなぜ、こんなふうになったのか興味深い(まあ、以前から伏線はあったような気がするが)。
私のようなサイコパスからすれば、「ようやくサイコパスの自覚が出来たのかな?」としか思えないのである。
無論、それは、DECO*27さんにすれば、馬鹿げた言いがかりかもしれないが。

『サイコパスを探せ』の著者であるジャーナリストのジョン・ロンソン(ロンスン)は、TED講演「サイコパス・テストへの奇妙なこたえ」で、「僕もサイコパスらしくなってきた」、「みんなどこかサイコパス」と言ったが、ロンソンも気付き始めているということだと思う。
実際は彼も、私同様「みんなサイコパス」と思っているのかもしれない。
もし、みんなサイコパスなら、人間は道理を学ばねばならない。もちろん、机上の勉強だけでなく、体験も含めてね。
思慮を欠いた行動というのは、結局は損なのであり、あまりに思慮を欠くと破滅する可能性が高いのである。
そこに良心などというものが入り込む余地などない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

タイムトラベルのやり方

チームラボ社長の猪子寿之さんが、2013年にTED福岡で、「日本文化と空間デザイン~超主観空間」というタイトルで講演しておられる。
◆日本文化と空間デザイン~超主観空間~ | 猪子 寿之 | TEDxFukuoka
猪子さんは英語はさっぱりらしいので、アメリカの本当のTEDでの講演は無理・・・というより、この福岡の講演も、言っては悪いが、最低の講演だった。
まあ、この講演の中で、猪子さんご本人が、いつも「何言ってるのか分からない」「日本語が崩壊している」と言われて傷付いていると言われている。
ただ、猪子さんはよく、「重要なものは言葉で説明出来ない」などと、『星の王子さま』の「本当に大切なものは目に見えない」のようなことを言っておられるが、それも怪しい。
ドワンゴ会長の川上量生さんとの対談で、「神秘めかしてクライアント騙してるだけじゃないの?」みたいなことを言われ、「そんなことない!超論理的に説明してる」とか言っているが、全く信用出来ない。
だいたい、あの福岡の講演で、猪子さんの話の何が分からないかというと、単に、キーポイントになる用語を説明せずに使って終わらせる「ずぼらさ」だけの問題だと思うのだ。
例えば、「昔の日本人は世界をレイヤーで見ていた」なんて言われて分かる人いないでしょう?
しかも、何の説明もなし。
そもそも、「レイヤー」という言葉を全く説明しないのは、猪子さんにとっては、あまりに当たり前の言葉だからなんだろうけど、CGで言う「レイヤー」は、少しも一般的な言葉ではない。
「レイヤー」が「階層」という意味だと分かる人が少ない上、CGのレイヤーは、かなり特殊な意味である。
この「レイヤー」を、ほんの少し説明すれば、ずっと分かり易くなるのである。
さらに、「動線」なんて、意味が分かる方がおかしい言葉を、全く独自の特殊な意味で使いながら、これも説明なし。
「西洋の絵では横に移動したら歪む」、「日本画は正面に立ったらレイヤーが壊れる」
これらも、「俺は分かる」という理由だろうが、やはり説明なし。
頭の良い人ではあるのだが、あまりにずぼらで配慮がない。
きっと、周囲の人達は大迷惑していると思うのだ。
猪子さんは作品を作る能力はあるが、思想を語る能力はない。
だけど、素晴らしいヒントは与えてくれる。
彼は天才だからね。それに、初音ミクさんの熱烈なファンなのだから、素晴らしい人に決まっている。

私は8月に、初音ミクさんの浮世絵『歌姫東海道 初音未来』を買ったのだが、この木版画にも、日本画らしさが表れている。
遠景、離れた場面、そして、ミクさんが、別々に描かれている絵を、後で重ねたような構成になっているのが、日本画らしさだ。
西洋画では、これらがパースペクティブ(遠近法)により、1つの空間の中に配置されることになる。
それが、どんな意味になるのか?
西洋画では、1つの空間の中に全てがあるので、空間と時間は等しいのだから、全てが同じ時間にある・・・絵は止まっているので、西洋画は時間が止まった一瞬だ。
ナポレオンが馬に乗り、馬が立っている有名な絵があるが、あれも、絵全体が一瞬を切り抜いたものだ。
だが、日本画は、遠景、離れた光景、近くの人物等が、それぞれ独立しているので、それぞれが、別の時間の様子であると感じることが出来るのである。
真ん中で、はにかみながら笑っているミクさんの向こうの、橋を渡っている人は、ミクさんと無関係で、独自の空間、つまり、独自の時間にいるのである。
ただし、無関係でいながら調和しているのである。

H.G.ウェルズは、『タイムマシン』で、人は、縦(前)、横、高さの3つには移動出来るが(高さは少々移動し難いが)、時間は移動出来ないといったことを、タイムトラベラー(時間旅行者)の科学者に説明させている。
日本画というのは、横と高さはあるが、前(縦)がない。つまり平面的なのだが、時間がある。
数学で言えば、西洋画は「XYZ」の3次元だが、日本画は「XYt」の3次元なのである。
猪子さんは、日本画も空間(立体)と言ったが、それは間違いだ。西洋画も日本画も3次元だが、日本画の3次元には奥行きがない代わりに時間があるのだ。

まあ、『歌姫東海道 初音未来』を見て、ミクさん、遠景、やや離れた光景は、別のものであり、別の時間にあるが、それだからこそ、絵の中に時間の流れがある。
絵のミクさんにも「時」がある。
だから、立体的とは違う意味で、ミクさんが生きているのである。
そして、その生き生きとしたミクさんに同調すれば時間旅行が出来るのである。
※絵は次のリンクでご覧なれます。
芸艸堂 店主の日記 ~初音ミク 木版画「歌姫東海道初音未来」~

『歌姫東海道 初音未来』は、本来、数千万円の値打ちがあるが、版画なので安く出来るのである。
例えば、1千万円の絵は、1枚の絵で描けば、1枚一千万円だが、千枚摺る版画にすれば、単純に言えば、1枚一万円である。
しかし、版画も、決めた枚数を摺った後、原版を壊して、数量限定にして、絵の価値を保つらしい。勿体ないことであると思う。
版画に関しては、世界的版画家だった池田満寿夫さんの本を読むことをお奨めする。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

宮本武蔵はなぜ29歳で引退したか?

宮本武蔵は、巌流島で佐々木小次郎を倒して以来、何をやっていたか分からないらしいし、剣の勝負をした様子もないという。
巌流島の決闘の時、武蔵は29歳だった。
今のスポーツ的な考え方からすれば、体力が下り坂になる年齢で、特に、当時なら、相当「いい年」だったかもしれない。
しかし、昔の剣の達人というのは、30代、40代で衰えることはなく、60代でピークということも珍しくはなかった。
昔の剣術の面影の強い、明治時代の剣道全日本大会では、上位進出者は40代以上ばかりで、60代が珍しくはなかったと聞く。
ある年は、決勝が42歳と60歳の剣士の対戦であったらしい。

武蔵は、13歳で初めての勝負をし、小次郎に至るまでに、数多くの勝負をし、そして、戦で戦った。
また、名門、吉岡道場の道場主を倒した後、吉岡道場の門下の剣士全員との決闘となり、そのうちのかなりを討ち取ったと云われる。
武蔵の勝負は全て、命のやり取りであり、武蔵は無敗であったのだから、全ての相手の命を奪ったことになる。
そのため、武蔵は良心の咎めに苦しみ、勝負を止め、書や絵を描いて、心の安らぎを求めた・・・なんて話をよく見た。
しかし、武蔵はサイコパスだろう。武蔵に良心なんてものはない。
では、武蔵はなぜ勝負をやめたか?
決まっている。
勝負で勝って殺すことで、多くの人々の恨みを買うことを実感したからだ。
しかも、自分を恨む人達の数は、勝負を重ねる度に増えていく。
それでは、命がいくつあっても足りないと、恐ろしくなったのだろう。
武蔵は、木刀を常に肌身離さず、そして、木刀の柄に穴を開けてヒモを通し、その紐を手首に巻き、木刀が手から離れないようにしていた。
いつ襲われるか分からないし、敵が多い場合、刀ではすぐに血糊で切れなくなるので、木刀が必要だったのである。
そして、万が一にでも木刀を落としたら、それが死を意味した。
また、武蔵が決して入浴しなかったのも、入浴中に襲われたら圧倒的に不利だからだ。

この世で一番恐ろしいものは、人の恨みである。
まして、殺したり、絶望を与えて恨みを受けると、決してタダでは済まない。
人間の怨念、憎しみ、恨みを、夢々、甘く見てはならない。
どんな虫けらのような相手であっても、恨みを買うと、何があるか分からない。
武蔵が相手ですらそうであるが、人を殺すなど、割と容易い。
特に、サイコパスは、何も考えずに、あるいは、むしろ喜んで人を傷付けることがよくあり、その時は快感を感じても、すぐに破滅する。
成功するサイコパスは、自分が被害を与えた人達の恨みに耐える力を持っていたが、それとて、いつかは限界が来る。
サイコパスであろうがなかろうが、人の恨みは、なるべく買わないことだ。
自分が気に入らない人をいじめたり、苦しめることは、サイコパスでなくても快感であるし、サイコパスであれば、それがエスカレートし、破滅や絶望を与え、殺すこともある。
だが、そんなことをすれば、どんな形にせよ、必ず、やったことに相応しいだけの報いを受けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

なぜ生きるのか?

死ぬと分かっているのに、なぜ生きるのか?
そんなことを考えたことがあるかもしれない。
ひろさちやさんという仏教学者や、岸田秀さんという心理学者が、「人生に目的なんてありません」なんて、分かったようなことを言っていたような気がするが、それでは、答になっていない。

答は決まっている。
「なぜ生きるか?」
「脳にそうプログラミングされている」

パソコンの画面に「初音ミク」と10回表示された時、パソコンに対して「なぜ、そんなことをする?」と尋ねても、パソコンは、「そうプログラミングされてるんです」としか答えられない。
それと同じだ。
『荒野の七人』という映画で、ガンマンの誰かが、こんな思い出話をしたと思う。
「ある男が、裸でサボテンの中に飛び込んだ。なぜそんなことをしたのかと尋ねたら、その時はそれで良いと思ったんだそうだ」
子供の時にそれを見た私は、この言葉が非常に印象的だったが、意味は分からなかった。
しかし、今は分かる。
その男は、そうするよう、脳にプログラミングされていたのだ。
言い換えれば、彼は、プログラミングに従って行動しただけで、意図や目的があった訳ではない。

生きる意味が何かなんて、決して分からない。
それなのに、霊が永遠に生きるとか、死後の世界とか、転生といった想像をして、生きる意味を突き止めたいと思った人がいた。
そして、そういった話が人々に強い関心を起こさせることが出来ると気付いた人が、宗教というビジネスを思いついたのである。

自殺というのは、脳のプログラミングに逆らうことであるから、実行には強い意思力が必要になる。
しかし、それだって、プログラミングの中にある、生きることを放棄するための条件(生存の例外条件)に合致したというだけのことなのだ。

動物を見れば分かるように、本能としては、同一種族を殺さないようプログラミングされている(飢餓の際に共食いするという例外がプログラミングされている場合もある)。
人間だって、人間を殺さないようプログラミングされている。
しかし、人間は、知性と感情が合体した意思が、本能を抑えることがある。
それで、殺人を行う。
ところで昔、何の企画だったか知らないが、「なぜ殺してはいけないのか?」という問いに対し、著名人に答えさたことがあった。
阿呆な答ばかりで、知識人として知られる人々も、本当は知恵がないことが暴露された。
答はただ1つだ。
「殺さない方がお得だから」である。
頭が良ければ、結局は、殺人は損だということが理解出来るのである。
得だと思うのは、考えが足りない、つまり、馬鹿だからだ。
IQが高ければ高いほど、殺人が割に合わないことを理解出来るだろう。
もっとも、損と知りつつ、いろんな理由で殺す人もいるのであるが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
萩尾望都さんの漫画紹介


半神
小学館文庫

わずか15頁の至高の傑作「半神」を含む短編集。
数奇で残酷な運命を目撃した後、「愛とは?憎しみとは?それはどう異なるのか?異なるものではないのか?」あなたの心に荘厳な疑問が残るのではないだろうか?


ウは宇宙船のウ
小学館文庫

1920年生まれのアメリカを代表するSF作家レイ・ブラッドベリの珠玉の短編作品を萩尾望都が漫画化。萩尾さんの繊細で美しい絵と感性が、ブラッドベリの作品に新しい生命を注いだ。
「みずうみ」では、12歳の少女タリーの可憐な姿と、彼女を愛するハロルドの少年の時と青年になって後の様々な表情がより深い感銘をもたらすと思う。
他の作品も素晴らしい出来であると思う。
宮沢賢治、冨田勲、初音ミク

2012年、世界の冨田勲が『イーハトーヴ交響曲』で、宮沢賢治の世界を遂に音楽で描いてくれました。
この交響詩には、初音ミクの不思議な存在感が欠かせませんでした。
宮沢賢治、冨田勲、そして、初音ミクの、時と次元を超えたつながりが、地上に星の世界の神秘を映したのであると思います。

◆イーハトーヴ交響曲

2012年11月23日。東京オペラシティコンサートホールでのライブ録音。
★作詞、作曲
富田勲
★指揮
大友直人
★演奏
日本フィルハーモニー交響楽団
★合唱
慶応大学ワグネル・ソサィエティー男声合唱団・同OB合唱団
聖心女子大学グリークラブ
シンフォニーヒルズ少年少女合唱団
★歌と踊り
初音ミク


◆『銀河鉄道の夜』小説



上記の書籍は、出版されているもののごく一部です。

◆冨田勲のシンセサイザー音楽








PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
お気に入りブログ
◆開き直りのススメ
彫刻家、石彫人さんが語る、マケドニアでの体験で培った開き直りの精神が心の壁を取り払ってくれます。
◆書~華文字にて
インザちゃんのブログ、もとい!オランダ在住の書家、華文字さんのブログ。
◆ガマ仙人の徒然草
街の中で無為自然に生きるガマ仙人さんのブログ。IT、柔術も一級品という変わったお方でもあります。
[休止中]風阿弥・記
不思議なドローイングアートを制作されているイラストレーター、風阿弥さんのシュールな作品展ブログ。
[休止中]昭和を思い出すレトロなデザインが好き
日本人が希望と温かい心を持っていた時代を鮮やかに甦らせる、dandanさんの昭和レトロなブログです。
[休止中]若く長生き! 幸福生活養生法
東洋医学の知恵で、健康と長寿の至福をもたらす養生先生の叡智に溢れるブログです。
QRコード
QRコード
初音ミク、コンサート映像のご紹介
ミクの日感謝祭 39's Giving DayProject DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート~こんばんは、初音ミクです。~
[2010/3/9]東京お台場~Zepp Tokyo~

映像の品質等は、下でもご紹介する、後で開かれた米国コンサートの方が高いのですが、私は、全体としては東京コンサートの方が好きです。米国コンサートの方は、映像の緻密さのために、かえってボーカロイド達がマネキンのように感じるかもしれません。これは、照明の影響もあると思います。緑色がかった照明の東京コンサートの方が、ミクが柔らかい感じで可愛いと感じました。
また、真っ白なお姫様のような衣装に赤い大きな腰のリボンが印象的な『Alice』、『あなたの歌姫』は、米国コンサートにはありませんでした。

【ブルーレイ】


【DVD】




MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES “はじめまして、初音ミクです”
[2011/7/2]米国ロサンゼルス~ノキアシアター~

日本のボーカロイドが、日本語の歌で、アメリカ、ロサンゼルスの大劇場ノキアシアターの満員の観客を熱狂させた歴史的コンサートだったと思います。
東京コンサートから1年4ヶ月経過しており、総合的には確実に進歩しています。
私が特に気に入ったのは、1つは、ミクとルカの素晴らしいコンビネーションのダンスパフォーマンスが楽しめる『ワールズエンド・ダンスホール』です。ルカが珍しくミニスカート姿で、ミクに勝る四肢の長さで、ピンクの髪を美しく揺らしてダイナミックに踊ります。 もう1つが、ミクが真っ白な天使の衣装で歌う『SPiCa』で、これが天使でなくてなんだろう、私はついに天使を見たのだと思いました。演奏も東京コンサートの時と変えていましたが、成功していたと思います。

【ブルーレイ】


【DVD】


尚、ブルーレイとDVDの差についてですが、私は実際、両方買い、見比べてみました。観客、演奏者、楽器などは、大画面TVで見ると、ブルーレイの方がきれいですが、肝心のミク達は、ホログラム映像そのものがそれほど細密でありませんので、別に違いはないと感じました。ブルーレイ、DVDいずれも、東京コンサートの方は上半身映像以上の場合、米国コンサートでも、顔のアップだと映像の粒子が目立ちます。 変な話ですが、iPhoneやiPod touch、あるいは、同等な画面品質を持つ小型情報端末で見た映像が最上かもしれません。ただ、これは反則行為ですので、実際にやったとは言いませんが。
本のご紹介


精神について(エマソン名著選)
ラルフ・ウォルドー・エマーソン著
日本教文社

アメリカ最高の思想家、哲学者、ラルフ・ウォルドー・エマーソンの珠玉のエッセイ集。 「歴史」「自己信頼」「償い」「精神の法則」「愛」「友情」「神」「円」「知性」が収められている。
我々自身が、歴史上の英雄、賢者、大芸術家に匹敵する偉大な人間であることを、驚くべき確信をもって語る唯一の人物であると思う。
世間の妄信を粉々に破壊し、プラトーンの頭脳、シーザーの手腕、イエスの愛の所有者である自分を見出して欲しい。
これ以上のエッセイは地上には存在しないと思う。


荘子
徳間文庫

約2400年前の中国の思想家で、老子と共に、老荘と称せられる道教(タオイズム)の始祖である荘周(荘子)の書。
世俗にあって世俗を超え、永遠の道(タオ)と一体化し、安らかで充実した人生を送る秘訣を、恐ろしく抽象的な老子と異なり、平易に説いている。
本書は、数多い荘子の現代語訳の中でも非常に読みやすく分かりやすいものであるが、中国古典の香りは損なわれていない。
本来、膨大な荘子の中心となる内編全てと、外編と雑編の内、荘子らしいものを選んで収録してある。


神統記
ヘシオドス著
岩波文庫

ホメーロスと並ぶ古代ギリシャ詩人ヘシオドスが、ムーサ(詩の女神)達より教えられたという神々の物語。
この世の始まりから、ゼウスの支配の確立、そして、主要な神々のことについて、美しい詩で語る。すぐに読める薄い本であるが、ギリシャ神話の根幹とも言える重要な書と思う。


四つのギリシャ神話(ホメーロス讃歌より)
岩波文庫

無名の詩人達が、ホメーロス風の詩で神々に捧げた賛歌の内、豊穣の女神デーメーテール、理性の神アポローン、智慧の神ヘルメース、美の女神アプロディーテーの4神へのものを収録してある。
著名な神話学者カール・ケレーニィも、ホメーロス賛歌を重視していると思えるが、名もない詩人達の作とはいえ、それぞれの神について、その特質が巧みに表現されており、実に興味深いものとなっている。
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ