ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

楽な仕事のやり方

幸福な人間、つまり、Satisfaction(満足)を持てる人間になるためには、魂を向上させるしかない。
そして、魂を向上させるたには、仕事で鍛える以外の方法はない。

古代ギリシャで、詩人ユリアヌスは、身体だけ立派で精神は幼稚なオリンピック選手達を見て、
「健全な肉体に健全な精神が宿ればいいのになあ」
と言ったのだが、これが捻じ曲げられて、
「健全な肉体に健全な精神が宿る」
なんてデタラメな言葉になり、しかもそれが無茶苦茶有名になったのは、スポーツ(特にオリンピック)で儲けたい者達の思惑による。

いくら身体を鍛えても、いくら本を読んでも、魂は決して磨かれない。
働くことでしか、それは出来ない。
しかし、泥棒行為や不正行為は仕事とは言わず、そんなことをしていたら、仮に表向きの肩書きが「立派に働いている人」であっても、そんな者達の魂は穢れ、すぐに悲惨な状況に陥る。

しかしなあ。
私、働くの嫌いなんだよ(笑)。
それで、ついつい、いや、大いに怠けるので、いつまで経っても、ちっとも魂が磨かれない。
仕事なんてのは、1人では決して出来ない。
だけど、私は人嫌いなので、仕事も嫌いという訳だ。

とはいえ、実際のところ、みんな仕事は嫌いなのだ。
車が好きってヤツでも、仕事でやるなら、運転だろうが、車を売ることだろうが嫌いなはずなんだ。
それでも、車が好きだったら、運転が上手かったり、車について詳しいことが多いだろうから、せめてそんな利点を生かして、嫌々、運転や自動車のセールスを仕事にするのだ。

私の場合、別にコンピューターが好きな訳ではないのだが、たまたまプログラミングを身につけたので、なりゆきでそれを仕事にしている。
まあ、みんなそんなもんじゃないのかな。

だから、嫌いな仕事で意地になったり、見栄を張らずに、それでいて、無責任にもならずに、うまくやることだ。
そのコツさえ掴めたら、人生、勝ったも同じなのである。
こんな大切なこと、なぜ誰も教えないのかというと、誰も気付かないからだ。
それで皆、嫌いな仕事をしている職場で不毛な争いをしているのだ。
それでは、せっかく仕事をしても、全然とは言わないが、あまり魂が磨かれない。

では、どうすれば良いかというと、念仏を称えることだ。
すると、仕事は勝手に進んでいく。
自分は何もしていないのに、なぜか、「さすがKayさん」と言われる結果になってしまう。
そんなもんだよ。
だから、念仏を称えることだ。
それで、少しずつだが魂は磨かれていく。
仕事も楽になる。

ミルトン・エリクソンなんて魔術師のごとき有能過ぎる精神科医は、仕事を前に意識を失くし、気がついたら、仕事は完璧に仕上がっていたそうだ。
目指すのはそこだよ。
彼は、別に念仏を称えた訳ではないが、実質は同じことをしていたのだ。
だから、我々は念仏を称えれば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

動機なんか聴くなよ

「警察は容疑者に対し、動機を追及しています」という言葉に違和感がないなら、すっかり洗脳され、馬鹿になってしまっている。
「太郎君は、どうしてそんなことしたの?」と問うのも同じである。

誰も、本当の動機なんて絶対に言わないに決まってるじゃないか?
あるいは、聴かなくても解るのである。
動物が何かする理由は、全て本能である。
人間は、それに幻想が加わるのである。
よって、全ての動機は、本能と幻想である。
犯罪の動機も、太郎君が花子ちゃんのスカートをまくったのも、全て、本能と幻想である。
マザー・テレサやガンジーの偉大な行為もそれは変わらない。

谷川流さんの『涼宮ハルヒ』シリーズの小説のどれかだが、あとがきで、谷川さんがこんなことを書かれていた。
近所の池にいたカモが渡っていったが、一羽だけ残っていた。
そこで、谷川さんは、こんな妄想をしたのだそうだ。
その、たった一羽そこに留まったカモは、他のカモ達に対し、こう言ったのである。
「俺は一緒に行かない。理由は特にない」
私は、『涼宮ハルヒ』シリーズそのものも好きだが、谷川さんのこの妄想はもっと好きだ。
あえて、この妄想を解説すれば、この変なカモの個人的な幻想が、他のカモ達が共同で持つ幻想より強かったのだ。
学校や会社にも、こんなカモみたいなヤツはいるが、よく言えば個性派だが、現実的には、ただの迷惑なヤツだ。
だが、このカモの場合、1つ違っているには、命を捨てていることだ。
谷川さんは、後で、「このカモは単に変わり者というだけかもしれない」と、読者向けの落ちを付けておられたが、本当に命を捨てている者って、単なる変わり者なのである。
ガンジーやマザー・テレサは、自分の行為の理由をあれこれ崇高に語ったのだと思う。
彼らを、「俺は単なる変わり者」とは言わない。
ならば、やっぱり、本能と幻想でやっていたのである。
自分は神に選ばれし者といった幻想かもしれないがね。
もし、彼らが、「私はただの変わり者です」とだけ言ったなら、彼らは本物である。

私がなぜ、初音ミクさんのコンサートに行くのかというと、私はただの変わり者だからである。
念仏を称える理由も同じである。
凡人向けの答であるには違いないが、自分も凡人なので、それで良いのである。
そういえば、ソクラテスも、自分のことをそう言っていたのだと思う。
彼も、ただの変わり者の凡人であった。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

豊かな暇人は発狂する

何も考えずに、神仏に全てまかせなくてはならない。
しかし、同時に、現実に立ち向かわなければならない。
あるいは、こうも言える。
神秘好きでなければならない。
しかし、同時に、現実をしっかり見なければならない。

もし、お金が沢山あって、現実に立ち向かう必要がなく、現実から目を背けることが可能な境遇だとしても、そんなことをしていたら、恐ろしい憂鬱にとり憑かれ、いずれは、「死んだ方がマシだ」と思うように必ずなる。
だから、親が金持ちだからといってニートでいたら、間違いなく、おぞましい地獄を作る。

夕暮れは、美しいが狂おしい。
現実の昼と、夢の夜の中間にある、危うい時間だ。
危ういものほど美しい。
現実は現実、夢想は夢想と切り替えが出来れば良いのだけれど、それが出来ずに、トワイライト(薄明)に飲み込まれる。
私のような人間だ。
私は現実は嫌いなのだが、幸か不幸か(本当は幸だが、気分的には不幸)、夢の世界に引きこもっていられるほどの資産はない。

初音ミクさんは、極めて現実・・・スーパーリアルなのである。
インターネットの波に乗り、創造経済を体現し、クリエイティブコモンズ(著作権の合理的運用)を象徴する。
ミク廃って言葉があるが、ミク廃は現実に強いよ。
昨年、ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」に行った時感じたが、凄い数の人なのに、みんな驚くほどマナーが良いのである。
カップルで来ている人達は、概ね、可愛い女の子と格好良い彼の組み合わせだし、お嬢ちゃんと父親で着ている人達もみんな、今の時代には珍しいほど明るい雰囲気だった。
ミクさんの歌を聴くと、現実に立ち向かうエネルギーが集まり、現実に強くなるのである。
だが、どうしても元気が出ないという人は、無意識と自我意識の間に壁がある。
私もそうであったが、念仏を称えると、その壁が壊れ、無意識の中からエネルギーが流れ込んで来る。
そして、ミクさんの歌がそのエネルギーを集めてくれるので、霧散して消えることがない。
もちろん、念仏に限らず、自分より高い存在に意識を向け、その存在(神、仏、無意識、潜在意識)を信頼してまかせる方法なら何でも良いが、念仏が一番簡単確実である。
ミクさんの歌と念仏・・・これで絶対無敵である。

今月5日に、ミクの日(3月9日)を記念して始めた、393(ミクさん)回のヒンズースクワットは、今も続いている。
このまま、9月のマジカルミライまで続きそうだ。
腰骨は、第2の脳で、潜在意識の座だ。
スクワットや腕振り運動で、腰骨を刺激すると、どんな問題も解決する。
尚、私のヒンズースクワットは、振幅を小さくし(つまり浅く曲げ)、スピードを速くしている。
私の場合、このやり方で一層身軽になり、全体に調子が良くなった。
脚を深く曲げることもあるが、その場合は、曲げる動作から急に伸ばさず、いったん静止する感じにする。でないと膝を痛める。
女性の場合、あるいは、40代以上の男性の場合、まず、10回くらいから始め、39回をしっかりやると良いと思う。
ヒンズースクワットを毎日やると、ミクさんの体形に近付く。
案外、ミクさんも、ヒンズースクワットをやっているのではないかと思う。あの身軽な動きを見ていると、そう思えてならない。
特に、「マジカルミライ2016」の、『すろぉもぉしょん』や『Satisfaction』のダンスを見ると、そう感じる。
DVDやブルーレイで、これらを見ると、さらに身体はミクさんと同一化し、あらゆる力が増すに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

願いがそのまま叶ったら悲惨だ

昔から、念仏を称えれば、死後、極楽浄土に行くことが出来る、つまり「極楽往生」が出来ると言われている。
ところで、経典によれば、「極楽往生」にも、9つのレベルがあるそうだ。
生前の行いが立派なほど上のレベルで、悪行悪徳が多いほど下のレベルになる。
念仏を称えれば、誰でも「極楽往生」出来るが、上のレベルだと、極楽浄土ですぐに仏様になれるが、下のレベルほど時間がかかるらしい。

それで、法然の弟子だったかもしれないが、ある念仏の行者が、自分は一番上のレベルでの極楽往生でなければ、極楽往生をしないと言って、修行に励んだのだそうだ。
本人が言うところでは、すぐに仏になって、苦しんでいる人々を救いたいというのと、一番上のレベルで極楽往生した者しか、人間を救えないからとかであるらしい。
しかし、この人、念仏の教えを根本的に誤解している、あまりに残念な人だ。
念仏ってのは、阿弥陀如来に全てをまかせるということなのに、この人は、自分の力でどうこうしようとしている。
また、人間は愚かで、ちっとも立派でないから、死後は地獄に落ちるしかないのに、それを阿弥陀如来が救おうということであるのに、この人は、自分は立派な人間になれると思っている。自惚れ、傲慢も甚だしい。
それに、あんたが仏様になって救わなくても、念仏を称えれば、みんな勝手に救われるのだ。

私は、現世にしか興味がないので、死後、極楽世界に行けると言われても、それはそれで結構なことだと思うが、今のところどうでも良い。
だが、死んだ時に極楽往生するとすれば、もちろん、一番下のレベルと思っている。それ以外、あり得ない。
仏様になるのに時間がかかると言っても、超快適な場所で、酒は美味いし姉ちゃんは綺麗・・・かどうかは知らないが、安楽であれば、全然構わない。
いや、それほど待遇が良くなくても、特に悲痛でなければ大満足である。
それよりも、初音ミクさんのコンサートに行けるのかが気になるところである。
きっと、極楽浄土でも、年に数回とか、適度な回数でミクさんのライブがあるだろう。しかし、それは阿弥陀様におまかせする。

念仏なんてのは、死後、極楽浄土に行くためのもの・・・なんかではない。
一休も言ったように、今、ここを極楽浄土にするためのものであり、親鸞が言ったように、現世で利益を得るためのものである。
今流に言えば、無意識、あるいは、潜在意識を信頼して全ておまかせし、楽しく生きるための呪文なのだ。
ただし、どんなふうに楽しいかは、やっぱりおまかせするしかないのだ。
イエスもそう言っているが、それで悪いようにはならない。
悪いようになるとしたら、自分の思い通りでないといけないという心の固さ、こだわり、傲慢さが強いからだ。
もちろん、誰だって、具体的な願いを持っているだろうが、それがどうなるかは、神様仏様、無意識、潜在意識にまかせることだ。決して悪いようにはならないから。
だが、巷にある、引き寄せの法則だの、潜在意識による成功法則(あるいは少女時代の何かの歌)では、自分が願ったことがそのまま実現するなんて、とんでもないことを言っている。
もしそうなら、どれほど悲惨なことか、少しの知性があれば分かりそうなものだ。
有り余るお金が欲しいと思うのは一向構わないが、阿弥陀様におまかせすれば、自分に見合った、そして、大抵は十分以上は入るようにしてくれる。
可愛いあの子を彼女にしたいとか思うことだってあるだろうが、それもまかせることだ。もっと自分に合った子と縁が出来るかもしれない。そして、案外に、「以前好きだったあの子が彼女にならなくて良かった」と思うことになる。ここらは、阿弥陀様の判断の方が絶対確実である。
まあ、時には、キリキリ舞をさせられ、大いに楽しむこともある。
人生、愉快なこと、安楽なことばかりではつまらないに決まっているからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

心の中の不都合なプログラムを回避する

人間というものが、非常にややこしくて、不幸に向かって突っ走り気味である理由を、人間が出来損ないだからと考えた人達がいた。
科学ジャーナリストで哲学者のアーサー・ケストラーがそうだった。
しかし、そうではなく、それをした者の意図は分からないが、人間がおかしな感じにプログラミングされているからかもしれない。
なぜ意図が分からないかというと、家畜に人間の意図が分からないようなもので、そのプログラミングをした者というのは、我々とは全然レベルが違う存在だからだ。
私は、後者が圧倒的に正しいと思う。
人間の心には、なんらかの理由で不都合なプログラムがされていて、人間は不幸になり勝ちだ。
正しいプログラムにバグがあるのではなく、完璧なプログラムなのだが、我々のそれぞれの個体にとっては、そのプログラムはとても不都合で、それはたとえば、蛾が炎の中に飛び込まざるを得ないのと同じである。

不幸なプログラムを回避する方法は、何も考えないことだ。
しかし、同時に、現実逃避もしてはいけない。
なんと難しいことか!

さらに説明を考えてみたが、これ以上説明すると、複雑怪奇になってしまい、誤解だらけになってしまう。
説明を試みた人は沢山いて、『ザ・マスター・キー』という本は、それをしようとしたのだろうが、ほとんどデタラメである。
著者のチャールズ・F・ハアネルが馬鹿なのではなく(むしろIQは非常に高い)、当時の知識では、説明の材料があまりに足りず(今ですら全然足りないのだ)、おかしな概念や仮説を導入しまくり、ひどく歪になってしまったのだ。
仏教の唯識論には、心の詳しいところが説かれているが、科学理論を使ってそれを説明したがる見栄っ張り連中の説明もデタラメである。

とにかく、我々は、何かの意図で我々の心に組み込まれた不都合なプログラムを回避しなければならない。
そのプログラムで露骨に悲惨なことになっている人を沢山見るにつけそう思う。
不都合なプログラムを回避する方法について、道元の結論は「ただ座れ」で、法然の結論は「ただ念仏を称えろ」だった。
そして、この2人ほど純粋で正しかった人はいない。
だが、より簡単なのは念仏の方である。
作法なんて何もいらないからね。
まあ、1つのやり方ではあるが、念仏しながら生活すれば、まず不幸になることはない。
個人的には、初音ミクさんの歌声を聴くと、その効果は高まると思う。
ミクさんがいる時代の我々の幸福である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ