ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神仏になって念力を使う

ものごとを成すのに、「自力(じりき)」によるものと「他力(たりき)」によるものとがある。
自分の力を頼むか、自分以外の力を頼むかの違いであるが、一般には、自分と他の者との協力によって成すのが最上と考えられている。
自分1人で出来ることは限度があるし、個人の力などは大したことがない場合が多い。

ところで、念仏は「絶対他力」の教えと言われている。
悟りを開くとか、死後、極楽浄土に行くするなどというのは、人間にはあまりに難しいので、自分の力は全く無と考え、全て、仏様にまかせてしまうという教えである。
ところが、優れた宗教や、精神世界の教えというのは、つまるところ、ほとんどが絶対他力なのである。
その中でも、念仏の教えは、絶対他力を徹底していて、親鸞は、「善いことをしなくていい。いや、善いことをしてはならない」とまで言う。
そこまで、人間の力を否定している。
また、江戸末期の神道家、黒住宗忠の教えだって、「まること」の教え、つまり、「まるごと神にまかせる」という教えで、絶対他力である。
明治・大正の思想家、岡田虎二郎も、彼の岡田式静坐法は絶対他力であると明言していた。
だから、岡田虎二郎は、「努力、忍耐、克己は不要」とはっきり言っていたのである。

だが、イエスだって、「私には出来ない。だが、神に出来ないことはない」と言ったし、「お前たちは白い髪を黒くすることすら出来ない」と、人間の無力を説き、神が必ず面倒を見てくれるのだと力説したのである。
つまり、実は、イエスの教えも他力の教えであることが分かる。
中国出身のアメリカの女性作家・事業家のチン・ニンチュウはクリスチャンであるが、彼女はある夜、夢で、自分が神の羊になる夢を見て、「自分は神様にしっかり面倒を見てもらいさえすれば良い」と気付き、感激の涙が止まらなかったと著書に書いている。
インドの聖者ラマナ・マハルシは「全ては神の偉大な力が動かす。それなのに、自分は何をすべきか、何をすべきでないかと悩むのは愚かである」と、やはり、絶対他力の教えを説いたのである。
絶対他力の対極にある自力聖道門の教えと思われている空海の真言密教だって、つまるところ、絶対他力の親鸞の教えと同じなのだということを、真言密教の最上位の僧が著書に書いていたことすらある。



親鸞から空海へ!親鸞と密教の核心(織田隆弘著)。
※名著であるが、やや難しい。


お金持ちになるためのバイブルと言われる、ウォレス・ワトルズの『富を引き寄せる科学的法則』(The Science of Getting Rich.1910)でも、「個人の念力で成すのではなく、神の力を借りる」のであることを明言しているが、ただ、彼のやり方は、個人の努力も要求する。
それに対し、絶対他力の教えは、いかにして、個人の力をゼロにするのかの教え・・・言い換えれば、「自分をなくす」ことの教えであると言える。

ところが、人間の念の力が大きなものであることも確かなのである。
「一念、岩をも通す」と言うように、強く願ったことは、必ず叶うのである。
だが、それは難しいことである。
ところが、私は永井豪さん原作のアニメ『魔王ダンテ』を見ていて、自力について、大いに感激したことがある。
魔王ダンテである高校生、宇津木涼(うつぎりょう)は、異次元に囚われた女性を助けたかったが、その異次元に行く方法が分からない。
そこで、好きな相手ではなかったが、ある高位の悪魔に、「どうすれば行けるのだ?」と尋ねた。
すると、その悪魔は、どうすればいいかを教えてくれるが、そのやり方は、あまりに簡単だった。
「行くと念ずるのだ。お前なら行ける」
最強の悪魔である魔法ダンテなのだから、そんなことは簡単なことなのである。
ただ、行こうと思えば行ける・・・それだけのことだったのだ。
だが、我々は、弱く力のない人間なのだから、念じたって、ほとんど何も出来はしない。
しかし、本当にそうだろうか?
日々、真言を唱えていれば、その真言の対象たる存在と一体化するのである。
これは不遜ではなく、絶対他力を説く黒住宗忠だって、人間は天照大神と一体であると言い、空海の真言密教は、仏になる教えである。
阿弥陀如来真言を唱えていれば阿弥陀如来と一体化し、観世音菩薩真言を唱えていれば観世音菩薩と一体化する。
もちろん、これらの神や仏は、神話に登場するままの存在ではないが、人間としては、象徴的に、神話や仏典に書かれているように考えて差し支えないし、そのように考えるべきでもある。
阿弥陀如来は宇宙の絶対的な存在であるし、観世音菩薩の力の偉大さは、観音経(法華経25章)に書かれている通りである。
普段から真言を唱えていれば、「そんなこと、阿弥陀如来たる私が念じれば成るに決まっている」という不思議な自信を感じ、そうであれば、実際、そうなるのである。
そう思えるほど真言を唱えれば、「俺は偉いから何でも出来る」といったような傲慢な想いは起こらないし、自分の力を自慢する気など、さらさら感じない。
真言は、そういう境地に導いてくれる。
そのためには、ただ真言を唱えれば良いだけである。
いつも言うが、それは道理に適っており、現代科学を超えた未来の科学なのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真言で魔法を当たり前のように起こす

この世界はやはり、人工的な3次元ホログラフィックで出来た仮想世界なのだと思うことがある。
それは、夢の中で、現代のテクノロジーを超えた世界に居る時だ。
最近も、私は、夢の中で、現代のモノレールとは全く異なる、壮大な規模でありながら緻密で、そして、美しく、徹底的に快適なモノレールのような乗車物に乗った。
私はモノレールや、その他の鉄道は、普通には乗るが、それほど関心はないし、リニアモーターカーやハイパーループ(真空チューブの中をカプセル型乗車物が高速に移動する乗り物で、現在は実験開発中)に関しても、あまり知らない。
よって、私は、未来の鉄道やモノレールを細かく想像することは、あまり出来ないと思う。
しかし、夢で見た、その未来モノレールは隅々まで明瞭でリアルだった。

つまり、我々の世界には存在しなくても、別の世界では、上で述べた未来モノレールが存在する世界もあるのだと思う。
そうであれば、そんなモノレールを仮想的に作り出すプログラムが存在し、目覚めている時の現実世界では、そのプログラムはロードされないが、夢の中の世界ではロードされることもあるのだろう。
インドの聖者、ラマナ・マハルシも言っていたらしいが、目覚めの世界も夢の世界も、実際は、同じなのである。
有名な推理作家の江戸川乱歩は、夢の世界こそが現実で、昼の世界の方が幻想なのだと常に言っていたらしいが、もしかしたら、そういうものかもしれない。有名な宇宙人バシャールも、同じように言っていたと思う。

夢の中では、より自由に、多様な「事象プログラム」をロード出来るということは考えられる。
何と言っても、現実世界より夢の世界の方がダイナミックで型破りなことが起こるからね。
例えば、現実世界では、学校や会社のマドンナ程度でも、なかなか付き合えないが、夢の世界では、憧れのスターとだって付き合えても不思議はない。
しかし、夢の世界がぱっとしない人も多いだろう。
そんな人はきっと、現実世界で、想像力を閉じ込める癖をつけ過ぎて、夢の中も小さくまとまってしまっているのだろう。
では、夢の中で、シュール(超現実的)で面白い事柄のプログラムを呼び出す精神性を得るにはどうすれば良いかというと、もちろん、真言を唱えることによってだ。
なんと言っても、優れた真言は、心の奥の潜在意識のさらに奥の、超意識とか純粋意識と呼ばれる領域か、その近くにあり、様々な事象プログラムを起動させる何らかのキーになっていると考えられるのである。その根拠は示し難いが、この論に、それほどの矛盾もないと思う。
よって、普段から真言を熱心に唱えていれば、不思議な夢や、もしかしたら、予知夢のようなものも見るようになるし、眠っている時の夢だけでなく、目覚めている時でも、一瞬、無意識になった時に、不思議な世界がやって来たり、不思議なことが起こったりするのである。
こういったことは、昔から神秘家の間で「幻視体験」と呼ばれ、「20世紀最大の詩人」とも言われたアイルランドのW.B.イェイツはそれに深い関心を持ち、熱心に探求していた。
また、イェイツが所属した魔法結社では、そのような仕組みがある程度、教えられていたのかもしれない。
デカルト、ニュートン、ゲーテらも、そのような研究をしていたようであった。

夢の世界だけでなく、目覚めている時にも、意識の状態を変えることで、特殊な世界プログラムを呼び出すことが出来、これこそが魔法の原理なのである。
難しいことはともかく、あなたも、熱心に真言を唱えていれば、そんなことが出来るようになるだろう。
仏教の経典に書かれていることも、このことのように思うのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

全てを得るキーワード

全てに通じる汎用的な極意というものがあるとすれば、それは「自主性」だ。

学校では、暗記というものをさせられる。
この暗記が良いか悪いかという議論は絶えない。
学生時代からずっと超秀才で、東大、東大大学院と進み、28歳で学術学博士になった東浩紀さんという評論家・思想家がいる。
彼が、日本の受験制度を批判する脳科学者の茂木健一郎さん(彼も東大、東大大学院卒)に、暗記は必要と言ったという話をWebで見たことがある。
そして、昨日だが、上級の税理士である母親が中3の娘に暗記の重要性を力説するツイートを見た。
一方、アインシュタインは「私は光速(が秒速何mか)など知らない。調べればすぐ分かることを覚えたりしない」と言った話がある。実際、彼は暗記が苦手で、大学受験に失敗している(制度を利用して無試験で入学した)。

暗記が良いか悪いか?
答は決まっている。
「自主的な暗記なら良い。強制的な暗記なら悪い」
である。
「学校で暗記させられて覚えました」と言う者は愚か者である。
自主的に、繰り返し読み、その結果覚えた暗記なら良いのである。
「知識だけの人は駄目」とか言うが、それは、強制的に覚えさせられた(暗記させられた)人は駄目ということである。
自主的に覚えた物知りが「知識だけの人」であるはずがない。

暗記に限らない。
ある政治犯が、逮捕されて刑務所に入れられ、3年の間、発言が許されなかった。
この政治犯は釈放された時、
「私は3年のマウナ(沈黙の行)を成し遂げた」
と言った。
しかし、インドの聖者ラマナ・マハルシは、
「強制された沈黙はマウナ(沈黙の行)ではない」
と否定した。
マハルシ自身、17歳くらいの時に、3年ほどの沈黙の行を行っていた。
もちろん、誰にも指図されず自主的に。

メジャーリーグの4割打者テッド・ウィリアムズやイチローは、誰よりも多く素振りをしたが、彼らは、自主的に素振りをしたから超人的バッターになれたのである。
「素振りをしろ」と強制的に素振りをやらされた選手が良い選手になるはずがない。

松下幸之助は、経営セミナーで、今後はダム経営(社内に「社内留保」に該当する現金を保有すること)が必要であると言った時、受講者が、
「どうすれば社会留保が得られますか?」
と質問した。
それに対し、松下は、
「社内留保を持ちたいと願うこと」
と答え、皆が笑ったが、若き日の稲森和夫は笑わず、それを真面目に受け入れた。
社内留保が必要だと追い立てられて持つのではなく、経営者が自主的にそれを持とうと願うことが必要なのである。

『パーマン』という漫画・アニメでは、パーマンのマントをつけると、時速91kmで飛べる。
ある時、パーマンからマントを奪って、そのマントをつけた男が、パーマンに「どうやったら飛べるんだ?」と尋ねた時、パーマンが「飛びたいなあって思うんだ」と言ったことが、非常に印象的だった。
強制的に飛ばされるのではない。
自主的に飛ぼうと思わなければならない。
パーマンのマントは、宇宙テクノロジーであるらしいが、漫画ながら、実に納得出来るのである。

『歎異抄』の中に、親鸞が語った念仏の極意があった。
これは誤解されることがあるが、親鸞は、
「念仏を唱えなくても良い。唱えようと思えば良い」
と言った。
これもまた、「唱えさせられる」念仏は駄目で、「自主的に唱える」念仏が良く、むしろ、強制的に唱えさせられるより、唱えなくても唱えようと思う自主性が大事だと言っているのに違いない。

空海は「真言は不思議だ」と、その威力を語ったが、自主的に唱える真言が不思議なのである。
念仏も真言の1つだが、例えば子供に、強制的に真言を唱えさせても駄目なのである。
だが、自主的に真言を唱えれば唱えるほど力を得、無敵になっていくのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真似をすれば何にでもなれる

『徒然草』の第八十五段が素晴らしい。
一応、原文を挙げておくが、読むのが嫌なら、下の現代語訳を見ていただきたい。

 狂人の真似まねとて大路おほちを走らば、即ち狂人なり。悪人の真似まねとて人を殺さば、悪人なり。驥きを学ぶは驥の類たぐひ、舜しゆんを学ぶは舜の徒ともがらなり。偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。

簡単に訳せば、

狂人の真似をして(狂人のように)走れば狂人と変わらないし、悪人の真似をして人殺しをすれば、全く悪人だ。
同じように、優れた才能のある者の真似をすれば才人と変わらず、神話に登場する聖人、舜(しゅん)の真似をすれば聖人の仲間だ。
嘘でも賢人に学べば賢人なのである。

仏教学者のひろさちや氏は、『空海入門』で、『徒然草』のこの部分を引用し、
「人殺しの真似をすれば人殺し、仏陀の真似をすれば仏陀」
と述べ、空海は仏陀の真似をした人であり、空海が伝えた真言密教もまた、仏陀の真似をして仏陀になる教えと書かれていた。
馬鹿馬鹿しい感じはあるが、重要なことである。
空海は、遣隋使の一員として、危険一杯の中国行きの船に乗ったが、空海は、気分は仏陀である。
「仏陀である私が乗る船が沈むはずがない。これが済んだら、今度はインドにでも行くか」と余裕綽々であった(笑)。

このブログで度々取り上げる世界的セールスマン、夏目志郎氏は、超一流セールスマンのポール.J.マイヤーを心から尊敬していた。
そこで、自分の執務室を、マイヤーのものと全く同じにし、マイヤーのような服を着て、マイヤーのようなネクタイをし、マイヤーのように振舞った。
マイヤーをよく知っている人に、「マイヤーがいるのかと思った」と言わせたほどだった。
それで、夏目氏もマイヤーのような超大物セールスマンになったのである。

事業家で宗教家の村田正雄氏の『七仙人の物語』を読むと、凄い超能力を備えた仙人が登場するが、仙人は、常に呪文を唱えている。
呪文は真言と言って良いだろう。
ならば、我々も、この一流の仙人の真似をして、常に真言を唱えていれば仙人なのである。
私はそう思っているし、今のところ、「常に」とまではいかないが、真言を唱えているので、奇しい(くすしい。神秘的な)力が度々発揮される。
もはや、仙人の仲間と思って良いと思う。

人間は、真似るもの・・・つまり、そのように振る舞うものになる。
内面ではなく、外面の振る舞いに魔力的な力があることは、カート・ヴォネガットの『母なる夜』にも書かれている。
ナチスに潜入したスパイが、ナチスらしく振る舞っていたら、自分で気付かないうちに、超優秀なナチス党員になってしまうのだ。

このようにして、あなたは何にでもなれる。
超色男の真似をして美女を侍らせるもよし、小悪魔な女の真似をして男に貢がせるもよし。
だが、真言を唱え、魔法使いになるのが一番お得と思う。

PS
素晴らしいコメントが多く、感謝感激である。
あまり返信せず恐縮だが、熱心に読んでるし、ありがたく思っている。
皆さんにも、コメントもチェックしていただきたいと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生は喜劇だ

ゲーテの『ファウスト』や、ダンテの『神曲』は、いずれも人類の歴史に残る文学の傑作なのだが、何が良いのか分かり難いし、そもそも、これらを読んだ人は、そんなに多くはいないだろう。
いずれも、簡単に言えば、「人生が嫌になった中年男が救いを求めるお話」である。
そして、いずれも、鍵は「女」である・・・と言ったら下品に聞こえるかもしれないが、そんなものである。
ファウスト(錬金術師の怪しい男)は老人に近い歳と思うが、グレートヒェンという若い娘(何歳かは分からないが、15~17歳と思える)に夢中になるという、言ってみれば、スケベジジイと言ったら怒られそうだが、やっぱり、そんなものである。
そもそも、ゲーテ自体が、歳を取っても若い女の子が大好きで、いろいろやらかしている。
一方、ダンテの方は、実生活での片思いの相手、ベアトリーチェを『神曲』の絶対的ヒロインにするが、ダンテとベアトリーチェは、お互い9歳の時に出会って、ダンテの方が夢中になるが、ベアトリーチェがダンテに友好的だったことは全くなく、むしろ、拒否されていたところがあり、ベアトリーチェは他の男に嫁ぎ、24歳で病死した。
だが、ダンテは、『神曲』の中でベアトリーチェと深い交流を果たすという、妄想的願望がイタリア最大の文学を生み出したわけである。
ファウストとグレートヒェンは無残な結果に終わっているが、おそらく、グレートヒェンにはモデルがいて、それは、いい歳をしたゲーテのお気に入りの美少女だったのではあるまいかと勝手な想像をするが、ゲーテのことを考えれば、無理な想像ではない。

ゲーテもダンテも、きっと、彼らの人生が、自分で思うような人生ではなく、幸福感を感じておらず、むしろ、人生の辛さに苦しんでいたと言って間違いないだろう。
そもそも、満ち足りた人間が文学を生んだりしない。
だから、もし、あなたが文学的作家になりたいなら、幸福な人生は望めない。これは間違いない。
いや、たとえ、娯楽作品を書く作家だとしても、深い心の傷を抱えていない限り、読者の心を掴めるものは書けないはずである。

だが、作家というのは、どこか、人生の苦しみに折り合いをつけた者だとも言える。
ただ苦しい、悲しい、辛いだけでは、やはり作品は書けない。
自分が見つけた、人生の苦しみを克服する鍵が文学のテーマになる。
『ファウスト』にも『神曲』にも、それ(人生の苦しみを克服する鍵)がある。しかし、極めて難しい鍵であるし、鍵というよりは希望の欠片といったものだろう。
つまるところ、ゲーテもダンテも、生涯、救われなかった。
だが、それで良かったのだと言える。
『ファウスト』も『神曲』も、彼らが自分の生涯をお芝居(戯曲)にしたものであり、良い終わり方にはならなかったが、とにかく、「はい、芝居はここで終わり」というふうにした・・・つまり、落とし前をつけた(評価を下した)のだ。
自分で、どう落とし前をつけるかで、人生の満足度が決まるのである。
ベートーヴェンが死に際に「諸君、拍手を。喜劇は終わった」と言ったが、彼は、彼なりに、自分の人生に落とし前をつけたから、そんなことを言えたのだろう。

人生は、自分で落とし前をつけるべき喜劇だ。
実際、『神曲』というタイトルは、森鴎外が勝手につけたもので、本当のタイトルは『神聖なる喜劇』であり、ダンテ自身は、タイトルをただ『喜劇』としていた。
ゲーテの生涯も、ダンテの生涯も、ただの喜劇だった。
それなら、私やあなたと何の違いもない。
我々の生涯は喜劇である。
だが、最初から、そう思えば、案外に面白いのである。
実を言えば、シェイクスピアも、イェイツ(「20世紀最大の詩人」と呼ばれた詩人・劇作家。ノーベル賞受賞)も、人生が芝居に過ぎないことはよく認識しており、それは、やはり喜劇であった。
何度も言うが、我々の生涯は喜劇である。
伊達政宗も言ったではないか。
「馬上少年過 世平白髪多 残躯天所赦 不楽是如何」
馬に乗って戦場を駆け巡った少年(若い頃の自分)の時代は過ぎ、世の中は平和になり、私も歳を取った。
天が私をまだ生き長らえさせているのだから、大いに楽しもう。
・・・だいたい、そんな意味である。彼に深刻さはない。
我々も同じで、まだ馬上の少年なのか、戦う時代は終わったのかは分からないが、楽しむべきである。
だが、無理な楽しみ方をする必要はない。
どの時代であろうが、真言を唱えることを忘れなければ、楽しいこと、嬉しいこと、面白いことだらけである。
そうなるように、真言が与えられたのである。
これは、多くの証拠があり、間違いのないことである。
人生はただの喜劇であるのだから、楽しまねばならない。
まあ、ゲーテもダンテも、そこそこは楽しんだと思う。
だが、あれだけの大天才でも、真言を知らなかった。
いや、知っていたかもしれない。知っていたら、彼らも人生を楽しめただろう。しかし、それは分からない。
だが、我々は間違いなく知っているので、人生は面白いに決まっているのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード