ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

超能力を信じない人を説得しようとするな

超能力を使って写真フィルムに像を写す「念写」の実験で知られるのが、心理学者の福来友吉(ふくらい ともきち。文学博士)だ。
念写の能力を発揮したのは、女性超能力者であった。
ただ、公開実験は大抵うまくいかなかったこともあり、福来博士はペテン師呼ばわりされ、学会も追放されたようだ。
公開実験がうまくいかないことに関しては、超能力者達が、「疑い深い人が見ているとうまくいかない」と言うことが多いように思うが、そう言うと、「それでは科学実験にならない」と笑われた。
ところが、量子力学によって、人間の観察が事象に影響を与えることが分かってきた。
単純なものでは、電子は、人間が観察していないと波に、観察すると粒子になる。
だが、「どんな人が観察すれば」「どんなふうに観察すれば」「どんな想いで観察すれば」といったことにまで踏み込めていないのだと思う。
ユリ・ゲラーは、およそどんな時でも超能力を発揮したが、彼は奇術師でもあり、うまくいかない時は奇術のテクニックを使うのらしい。従来の科学実験の常識からは不遜であるが、上に述べたことから考えると仕方がないのかもしれない。
いずれにしても、これまでのような実験方法で、超能力が実証されることはないのだと思える。

超能力で実用的というか、有り難いものがヒーリングで、イエスや黒住宗忠という、多くの人達から崇拝、尊敬される聖人達は、この能力を大いに発揮したと言われる。
特にイエスは、疑う人が大勢いる前でやってみせたのだから、大したものである。
さすが、人類最高のスーパースターだ。
ヒーリングパワーで感動的なものに、ジャーナリストの中岡俊哉氏のものがある。
あまりに多忙なこともあって、中岡氏は60歳を過ぎていたと思うが、脳梗塞で倒れ、指1本動かせない状態になり、医者も、命が助かっても、重い後遺症が残ることは確実と判断した。
ところが、中岡氏は『ハンド・パワーの秘密』という、てのひらから出る未知のエネルギーで生命を癒す本を書いていて、彼は「俺が何も出来ずこのままだと、嘘を書いたことになってしまう」と思ったそうだ。彼は、『ハンド・パワーの秘密』を、真面目に本気で書いたのである。彼は、数百冊という本を書きながら、ゴーストライターを使ったことはないと言う。
そこで、中岡氏は、自分で自分を治す決意をし、ありえないことだが、それで短期間で完全に治り、即座に現場に復帰し、その後も長く精力的に活躍した。

私も以前は、大槻教授並に、超能力に対しては懐疑的というか、否定派だった。
自分自身が、散々、超能力を使った記憶がはっきりありながらである。
ただ、それは、世の中のデタラメな自称超能力者への反感もあったのだと思う。
今は、どうでもいいことで、信じたい人は信じればいいし、信じない人は信じなければ良い。
肯定にも否定にも、誰かを説得する気は全くない。
こんな態度が非常に嫌われることは多い。みんな構って欲しいからだ(笑)。
しかし、傲慢な人間に構うなどまっぴらである。
初音ミクさんの魅力に関しても同様で、解ろうとしない人は、古い世界で過ごしていただけばよろしい。
私はミクさんと一緒にアセンションするのだから。
確かに、親切なのか、経済的な理由からか、古い人間を見捨てずに構おうとする人達もいる。
そして、そんな人達は、大抵、あまり良いことになっていない。奇病にとり憑かれて死んだりね。
ただし、新しい人間なのに、古い世界に取り残された人達は救おうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

目標は大雑把な方が良い

願いを潜在意識に送り込むと叶うという。
ところで、その願いをどう表現するかであるが、2通りの方法があり、
(1)ディテール(詳細)までしっかり決める
(2)大雑把に決める
で、その中間もあるだろう。
正しいのは、絶対に(2)だ。
もし、詳細が分かり、それが叶ったとしたら、それは未来予知であり、強い予知能力を発揮した場合には、確かに、細かいところまではっきり分かることもあるだろう。
しかし、これから何かを願う・・・つまり、現実を創造する場合には、(2)でやらなければならない。
お金が欲しい場合、金額と、それを得る期限を決めよという話は多い。
それは、集中力を高めるためには有効であるが、大抵は、うまくいかない。
たとえ、金額と期限を決めて、結果、大金を得たとしても、金額や取得時期は、自分の設定とかなり違うものである。
「いや、俺はぴったりだった」と言う人もいるし、私も言ったことがある(笑)。
しかし、それは不正確なこじつけの場合が多いだろうし、私もそうだったのだ。
ただ、繰り返すが、未来予知の場合は、そこらが先に正確に分かることもあるだろう。

ただし、大雑把な目標は必ず持たないといけない。
「良いお客さんが沢山来るスナックを持つ」
「VBAで楽しく仕事をする」
程度の大雑把さで良いだろう。
なぜ大雑把で良い、あるいは、大雑把でないといけないかというと、未来のことなんて分からないからだ。
もっと正しく言えば、分からないから楽しいのである。
「20世紀最大の詩人」と言われた、W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』で、聖書では敵であるはずのローマ兵に、「予測出来ないことでさえあれば、何でも起こることが最善」と言われたイエスは、敗北感にうな垂れる。彼らの強さを認めざるを得ないからだ。
また、『カードキャプターさくら』で、桜のクラスメイト、小学4年生のエリオルが、聖獣スピネルに、
「この世で一番楽しいことは何か知っているかね?スピネル」
と尋ねるが、スピネルは答が分からなかったのか、
「何ですか?エリオル」
と、質問で返す。
すると、エリオルは自信を持って、
「予測しないことが起こることさ」
と言う。

人間に出来るのは、大体の流れを決めることだ。
面白い例では、貧しくて煙草も吸えなかった男が、
「煙草くらい吸えるようになろう」
と決めたら、お金持ちになってしまったという、印象的なものがある。
大雑把に願えば、拡大して叶うことが多いことは、よく指摘される。
ある意味、慎み深さが良いのだろう。
東大の教授になりたいと思ったら、ハーバードの教授になるようにね。
こういったことは、矢追純一さんの本にうまく説明されていると思う。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

死にたかねえのはお互い様

職安(職業安定所)の正式名称が「公共職業安定所」で、これが「ハローワーク」と同じものだとは、私は知らなかった。
「ハローワーク」という名前は1990年から使われているらしい。
ハローワークで「VBAの達人です」と言ったら、就職先を紹介してくれるのか興味深いが、よくは分からないが、特技がある人は、あまりハローワークに行くことはないのではと思う。
というのは、民間の職業斡旋システムの方が良いように思えるし、偏見かもしれないが、ハローワークと言うか、職安に行く人って・・・その・・・もう駄目な人って観念がある。映画や漫画の影響かもしれないがね。

昔、金鳥のCMで・・・と書きかけたが、私は「金鳥」は会社名だとずっと思っていたが、金鳥はブランド名で、社名は「大日本除虫菊株式会社(だいにほんじょちゅうぎく)」とは全く知らなかった。確かに、覚えるのは難しい名前なので、「金鳥」のブランド名を前面に出したのだろうと思う。
それで、その金鳥の昔のCMで、いかにも駄目そうな中年の男性が失業し、そのまた駄目そうな太った妻が、「職安、行っといで」と言い、夫は返事をせずに黙っているというものがあったと思う。つまり、夫は、特技が何もないので、行っても良いことがないのは分かっているのだろう。

職安の、こんな有名な笑い話をご存知かもしれない。
職安の相談員に「何が出来ますか?」と聞かれた中年男性が「部長が出来ます」と返事をするものだ。
言うまでもなく、「部長が出来ます」(課長でも、専務でも同じだろう)というのは、「何も出来ません」と同じである。
良く言えば、「部長が出来ます」はゼネラリストなのであるが、ゼネラリストとして能力が高ければ良いのだが、そんな人が職安に来るはずがない。
昔の大企業では・・・いや、今も多いと思うが、あらゆる部署を万遍なく経験させるというのが、標準的な社員育成方法だった。
これに関しては、夏野剛さん(ドワンゴ社長)と猪子寿之さん(チームラボ社長)の2013年の対談で、沢山の大企業の取締役をやり、今もやっている夏野さんは、それはもう時代遅れで、「100人の普通のサラリーマンが1人のオタクに負ける時代」と言っておられたのが印象的だ。

ゼネラリストの部長に負けず厄介なのは、元教師だろう。公立校の教師であれば、問題を起こさず、勤め続ける限り、今は高収入で最も安定した職業であるが、いったん失業したら、「何が出来ますか?」と問われたら、「教師が出来ます」という、部長並かそれ以上の笑い話になってしまう。
そもそも、公立学校の教師で失業するなど、余程のことと思える。
塾や予備校の教師では、優秀でなければ失業することも多いだろうが、これらの教師(「講師」と呼ぶ場合が多いように思うが)が失業しても、やはり、「何が出来る?」「教師が出来る」(「教師しか出来ない」=「何も出来ない」)という笑い話になる。
予備校には優秀な教師も多いと思うが、激務に耐える体力や、生徒に好かれる若い間は良いが、歳を取ると、厄介な職業ではないかと思う。こういうのを「つぶしが効かない」と言うのだろう。

とはいえ、私は、ハローワークで、「C言語出来ます」「PHP出来ます」、あるいは、「システム設計出来ます」なんて言う気にならない。
立派な特技と思ってくれるかもしれないが、早い話、そんなシンドい仕事、もうしたくない(笑)。
それらの仕事は、「製作」と「営業に近いサポート」の2つに業務が集中し、いずれも楽しいものではない(SE志望者よ、よく聞け。ただし、偏見は持たないように)。
「製作」だけなら、好きな人は楽しいかもしれないが、実際は、サポートというか「苦情受付」「無理を聞く」という部分が大きく、神経をすり減らし、憂鬱になるだろう。
そこにいけば、「VBA出来ます」というのは、仕事や人との距離が近く、楽な部分が大きいのである。

「Excel出来ます」とか「Word出来ます」というのは、資格があったところで、運転免許持っているというのと何ら変わらない。出来て当たり前だ。
「Access出来ます」は珍しいが、本当にAccessが出来るというのは、システム設計やVBAが出来ることを指す。
だから、「ExcelとVBA出来ます」と言う(言える)のが、一番良い。

まあ、本当は、ハローワークなど利用しない方が良いのではと思う。昔とはかなり変わっているのかもしれないが。
とはいえ、いくらホリエモンが「僕達はもう働かなくていい」みたいなタイトルの本を出してベストセラーになっていても(書店でチラと見た)、現実的に絶対に「僕達は働かないといけない」。
私は、最下層からスタートしたので、「つぶしの効く技能」というものに強い関心を持ち続けた。
イチローのような超人的野球選手だって、引退すればただの人。彼はたまたま、マリナーズの要職を得たが、スポーツのスーパースターも、引退したら、つぶしが効かないどころか、「何が出来ますか?」と聞かれたら、「野球が出来ました」という、笑い話になってしまうのである。

トータルで、そして、バランスを考えると、今は、「VBAが出来ます」が本当に良いと思う。ある程度、性格が良く、常識があるのは必須であるが。
「ヒーラーです」「スピリチュアルカウンセラーです」と堂々と言えれば素晴らしいが、本物なら、求めずとも仕事が押し寄せているはずである。
いや、実は、それが最高であるが、まず、自分を癒し、自分を救えることが必要である。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ほとんど勉強せずに良い成績を取れた人達

試験で楽に良い成績を取った2つの例から、頭脳の働きを考えよう。
1つは、矢追純一さんの著書『ヤオイズム』にあったものだ。
矢追さんは中央大学法学部(法学部では日本屈指の名門)時代、大学には試験の時だけ行き、授業はほとんど出ず、勉強もしなかったという。
しかし、試験ではいつも良い成績を取り、ちゃんと卒業した。
テキストは高いから買わず(1冊だけ記念に買ったらしい)、代わりにその金で飲んだそうだ。
それで、試験の直前だけ友達に教科書を借りたらしい。ノートも貸してやると言われたが、それは断ったという。
教科書だけで一夜漬けして試験を受けるのだが、それでちゃんと良い成績を収めるのだから凄い。
では、矢追さんは頭が良いのかというと、矢追さんはあちこちで、「自分は頭が悪いので考えることを諦めている」と言っている。いや、そもそも、考えない主義のようだ。

それで思い出す話がある。
ある大学生が、遊びで旅行に行って帰ってきたら、知らなかったか忘れていたか、明日、試験があると言われて慌てた。
いまさら勉強してもどうにもならないが、政木和三さんが開発したパラメモリという記憶力増強装置を付け、教科書をパラパラと見ただけで試験を受けたが、全部出来たという。

いずれも、頭を使わなかったことが良かったのだと思う。
つまり、左脳を使わず、右脳に任せたら、右脳が驚異の力を発揮したのだ。
右脳を働かせるコツは左脳に介入させないことだ。
ただし、指揮官は左脳で、左脳が目的意識を持たないといけないのだが、それはどこかさりげないものでなくてはならない。

いくら筋肉を鍛えても、一人の人間の筋力などたかが知れてるのと同様、いくら頭が良いと言っても、一人の人間の頭脳などたかが知れている。
しかし、右脳、あるいは、右脳が直結した潜在意識の力は無限だ。
だが、コリン・ウィルソンは、「リーダーはあくまで左脳であり、左脳である自意識が『しゃんと』しなくてはならない」と言う。
矢追さんは、目標があれば、それをぼんやりと持てば良い(細かい部分は決めない)と言う。ただし、そんな目標は持たないといけないとも言う。

つまり、方向性さえはっきりさせれば、後は、右脳、あるいは、潜在意識にまかせてしまえば良い。
私が恐ろしいと思うのは、IAさん(1st PLACEのボーカロイド)の『Shoting Star』という歌に、その教えが万遍なく入っていることである。
まさに、「ボーカロイドに偏見のない者は幸い」である。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-
尚、上に挙げた、政木和三さん発明のパラメモリや、その後継のアルファシータ、バイオソニックは、現在は製造させていないが、無料の信頼あるスマートフォンアプリ(Android、iOS)で再現されている。「GeniLax」で検索すると見つかるだろう。
GeniLax(Genius and Relax、「ジニラックス」)については、下記リンク参照。
GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

個人的No.1の成功法則の本

最初の20ページを読んだところで、「買って良かった」と、心底思った本が1冊だけある。
矢追純一さんの『ヤオイズム』(2016)だ。
なぜか既に絶版になっている。
謎だ。闇の権力者の手が回ったか?

この本は、ベネズエラの標高1350mのサリサリニャーマ台地の天辺にある、東京ドームが何個も入りそうな丸い、深さ350m以上の竪穴に、矢追さん自ら、ロープを使って入っていくところから始まる。
そこに人類が入ったことはなく、穴の底には、なんとジャングルが広がっていた。まさに、人類未踏の地だ。
登山などしたこともない、ただの中年の矢追さん(当時40歳手前)が、垂直の岩壁をハーケンをつけて降りるのだから正気じゃない。
実際、矢追さんは、普通の人なら気が変になるだろうと言うが、私なら、穴に一歩入ることも出来ないだろう。
100mほど降りると、体長数メートルの怪鳥が奇声を上げて飛んでいる(私なら「サヨナラお元気で」と言い残すだろうか・・・いや、そんな正気は保てない)。
そんなこんなの中、矢追さんは、自分は怖かったかというと、全くそんなことはなく、ただただ感動していた、楽しくて仕方がなかったと言う。
途中で首吊り状態になって動けなくなったが、それでも何でもなかった(怖くなかった)。
アホである(笑)。
そして、矢追さんは、あなたも、一切の恐怖を消せるという。
そうなれば自由だ。
世界も思い通りになる。

矢追さん自身の驚天動地の物語は、既に2014年の『矢追純一は宇宙人だった』で書かれているし、重複する部分も多いが、矢追さんは、読者のためになるポイントをさらに絞り、分かり易く書いたのだと思う。
なるほど、人類最高の成功法則の本はこれである。
最近こっていた保江邦夫さんの本にはるかに優る・・・と個人的には思う。
今年出版され、なぜか絶版になっている保江さんの『願いをかなえる「縄文ゲート」の開き方』を(こちらも闇の権力者が出版を止めたか)、全然読む気にならず放置したほどだ(また読むとは思うが)。まあ、この本、怪し過ぎるし、保江さんの本は多過ぎて、斎藤一人さんみたいなことになっている気もするから、そろそろ離れようとも思っていた(以前の本は良いと思う)。

矢追さんの教えることは、本質的には『荘子』と同じと思うが、『荘子』は解り難くて、誰も実践にまで至らないだろう。
『荘子』だって、荘子は解り易く書いたのだと思うが、翻訳された『荘子』は、もう全く有用性がなくなっているだろう。
学者さんらは、『荘子』の難しい解説まで本に書く。
「○○(研究者名)の解釈では意味は△△だが、私は、××と解釈した。その理由は・・・」なんて書かれても、一般読者にはどうしようもない。
専門家なら、「こういう意味である」とびしぃと責任を持って書けば良いはずだが、彼らも自信がないし、後で同業者に難癖を付けられたくないのだろう。
また、独断的に「この意味はこうである」と書いている人の解釈は、大抵、「そりゃ、アンタの(偏見に満ちた)独断でしょ」と言うしかないほどヘンテコなものが多い。
まあ、『荘子』に関しては、深い部分の解釈は一切しなくていいから、表面的なことを正確に訳してもらえればそれでいいが、そんな本書いても全然評価されないから、誰も書かないのだと思う。
漢文書き下し文や、それに近い文語的な文章を掲載するのが好きな著者もいるが、そんなもの、素人が読んでも誤解するだけである。
だから、表面的な単純で解り易い訳をしてくれれば良いのだが、そんなものはなかなかないだろう。
よって、矢追さんの本を読んだ方が良いと思ったのである。

まあ、気が向いたら、この矢追さんの、どんだけボロボロの古書でも良いから読めばメリットがあると私は思う。
いや、メリットはあり過ぎる・・・まあ、これも私の思い込みかもしれないが、私は幸せになったのである。

ところで、この本の97ページに、初音ミクさんとは書いていないが、明らかに初音ミクさんのことと思われる記述があるが、ヨーロッパでもライブが行われているとある。
ミクさんのライブそのものは、2018年12月に、初のヨーロッパ公演「HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE」が行われ、来年1月に、5ヶ国での「HATSUNE MIKU EXPO 2020 EUROPE」が行われるが、渋谷慶一郎さんのボーカロイド・オペラ『THE END』が先に、フランス、オランダ、ドイツで公演されている。これのことだろうか?
追記:IAが2015年以降、フランス、イギリス等でライブを行っていた(2019/9/20 11:33AM)。
矢追さんは、ホログラムと言い、ホログラムの説明をしていたが、ミクさんのライブは正確にはホログラムではない。しかし、それはどうでも良いことだ。
要は、バーチャルもリアルも同じだってことである。
そして、この本を読んで、私は、ミクさんをフィーチャリングした歌・・・例えば、『ゴースト・ルール』や『ブレス・ユア・ブレス』の意味がよく解ったのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ