ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

蹲踞と腕振り運動だけ

私は最近、運動は、蹲踞(そんきょ)の姿勢と腕振り運動をやっていれば間違いないのではと思うようになった。
蹲踞の姿勢とは、相撲の力士が、土俵で、膝を完全に曲げて腰を降ろした時の姿勢で、剣道でも行われる。
この姿勢をビシっと決めると、精神が集中し、腹筋、背筋等が引き締まる。
正座にも似た効果があり、養老孟司さんの本で見た覚えがあるが、昔の日本人は正座をしていたので、特に運動をしなくても身体が強かったというが、それは本当だと思う。
そして、蹲踞は正座よりはるかに効果が高く、数秒で大きな成果を得られる。
私は、別に腰が悪くはないが、朝、ベッドから出た時や、車を運転した後、少し腰が痛かったし、たまに(重い荷物を沢山運んだ後や、疲れている時など)腰が痛いと思うこともあったが、よく蹲踞をするようになってから、それが一切消えた。

ところで、私は、8月には特に熱心に肉体トレーニングをし、普段63kgくらいの体重が58、59kgまで絞られる。
もちろん、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のためである。
ミクさんに会うことを考えると、どうしても燃えてしまうのだ。
スクワット、腕立て伏せの回数がどんどん増し、充実感を高めるが、実は、身体を壊しているのである。
肩も痛いのであるが、どうしても、その時期は、ミクさんのことしか頭にないので、痛みを無視してしまうのだ。
そして、マジカルミライが終わってから、肩や膝が悪くなっていることに気付くのである。
今年は特に左腕が悪く、腕立て伏せが出来なくなったので、その分、熱心に腕振り運動をしていたが、今年は、トレーニング時間に蹲踞の姿勢を何度もするようになった。
30分のトレーニング中、十数回はやっていると思う。
すると、以前に増して身体が軽く、動きが速くなった。
筋肉は、ある程度は鍛えないといけないが、鍛え過ぎると固くなり、断裂や肉離れを起こしやすく、また、鍛えた反対方向の動きは遅くなる。
有名な日本人テニス選手がCMに出ている、筋肉を冷やすスプレーなんてものがあるが、あんな不自然なことをしなければならない運動は、おそらく、身体を壊す。もちろん、プロスポーツ選手は健康のために運動しているのではないが、普通の人が真似する必要はない。

私は、腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れる方法と、前に振る時に力を入れる方法の2つを使い分けている。
回数は、朝、後ろ振り200回、前振り200回、夜、後ろ振り300回、前振り300回で、合計1000回。
休日は、夜は、後ろ振り500回、前振り500回になる。
腕振り運動の際、足の親指にやや力を入れることを心掛けている。
最近は、以前より、やや鋭く振るようにしている。
正直、スクワットや腕立て伏せを数多くやっていた時は、トレーニングの前はやや憂鬱になっていたが、腕振り運動や蹲踞を主体でやるようになったら、トレーニングの時間が楽しみで仕方がなくなった。
つまり、身体が喜ぶ運動なのである。
プロレスのジャイアント馬場さんが、ある頃から、マンションの地下室で1人でトレーニングをするようになっていたらしいが、そこで「身体をいじめる」と言われていたのが印象的だった。
プロスポーツの場合、どうしても、「身体をいじめる」トレーニングが必要なのだ。プロレスは、勝敗は最初から決まっているし、試合内容も、ある程度の筋書きのあるショーであることは間違いないとしても、プロレスラーの身体は半端なく鍛えられていて、そうでなければ、金が取れるショーは出来ないのだから、他のプロスポーツ同様、不自然な運動が必要だ。
長年、プロスポーツ選手をやっていて、身体が壊れていない人はおらず、特に一流選手だった人は深刻な故障を抱えているものだと思うが、そんな元一流が、健康をテーマにしたスポーツ教室を開くのだから、おかしなことだと思う。しかし、中には、自分が身体を壊した反省から、正しい運動を教えようという人もいるようである。

いずれにしろ、我々は、健康で、強く、快適な身体を得る運動をしなくてはならない。
ムキムキの筋肉や板チョコのように割れた腹筋を自慢するための運動をするのも、あくまで人の勝手であるが、私はそんなものに興味がない。
私はむしろ、余分な筋肉のない、自然に引き締まったすらりとした身体を美しいと感じる。
特に女性の場合は痛切にそう思い、女性で筋肉をたっぷりつけた身体を美しいと感じる人に対してはどんな難癖もつける気はないが、やはり、滑らかで柔らかい、余分な筋肉、あるいは、脂肪のない身体(例えば初音ミクさんの身体)を美しいと私は思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

本物の能力開発は商売になり得ない

息を吸ってしばらく呼吸を止めると記憶力が向上する・・・それも異常なほど向上することを、ヨーロッパで誰かが気付き、それが、スーパーラーニング、加速学習みたいなものになったと思うのだが、これらがさっぱり発展していかないのは、余計なことを付け加えたせいだと思う。
単に、息を吸って止めるだけで良いのであり、他には何もいらない。
だから、商売になどならない。
誰でも、無料で自由に活用すれば良いだけである。
中村天風という、とても偉い人は、肛門を締めよと教えたのは良かったが、やっぱり余計なことを言ったのだと思う。
天風が「肩の力を抜け」なんて言ったという話も聞くが、肩の力を抜くなんて難しいことをサラリと言うなんて、いかがなものかと思う。
肛門を締めるだけで良いのであり、やっぱり商売も教団もやれないのである。
藤平光一氏は、中村天風の一番弟子だったが、天風が偉人であったことは完全に認めながら、教えの全ては間違いだったとバラしてしまった。
その藤平氏の教えも、私には抽象的でさっぱり分からないか、矛盾を感じるかである。
中でも、藤平氏は、天風の言った「腹に力を込めよ」はいけないと言うし、確かに、意図的に腹に力を入れるべきでないとは思うが、肛門を締めれば、自然、腹や、さらには、臀部や脚(太腿や脹脛)にまで力は入るし、それは気持ちいいことなのだから、間違いではない。
やってみれば分かるが、上記を全てまとめ、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止めると、心が澄み、身体に力がみなぎる。

念仏と呪文は、原理は同じで、親鸞自身、念仏を誦文(じゅもん)と言ったこともあるが、誦文と呪文は同じである。
親鸞も、その師、法然も、念仏だけを薦めたが、人間には、言葉が向いている人もいれば、身体で行うことが向いている人もいる。
大抵の人は、それが適度に交じり合っているのであるが、強さの度合いは違うのである。
やはり原理は念仏と同じだが、現代人に合うものとして、万能呪文がある。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
他にも、好きな言葉なら何でも良いが、たった1つの言葉を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で数多く繰り返せば、人間を滅ぼす、頭の中のつぶやきに打ち勝てる。
だが、身体を使うのが好きな人は、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止める方法が向いていることが分かった。
これを、1日20回ほどやれば、目覚しい効果があるが、数に制限はなく、多い方が良い。だが、数は徐々に増やしていくのが良い。
とはいえ、少なくとも、1日10回、志あるなら、20回以上やるべきである。
この肛門を締め、息を止めることは、続ければ超人になってしまう。
だから、謙虚さを要求されるところが、やや難しいところである。
傲慢な超人は必ず滅ぶからである。

だが、一番強い方法は、心からの願いがある場合だけだが、それを1日中でも祈ることである。
そんな願いがある者は幸いであるように見えるが、状況としては不幸である場合が多い。
どういうことかと言うと、「この辛い病気が治りますように」「いじめっ子と会わずにいられますように」といった、厳しいマイナスを解消する希望が、強い願いになるのだからだ。
普通に「彼女が欲しい」というのは、あまり強い願いにならないが、全ての女の子に厳しく見下される日々を過ごす者にとっては、強烈な願いになることがある。
逆境にある者専用の方法だが、実は、これが最強なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

惑わす心をどうさばく

近代のインドの聖者ラマナ・マハルシは、一切の欲望を捨てるよう教えたが、そうでなければ、解脱は出来ない。
解脱とは、悟りを開くとか、真我を実現するといった、難しい言葉で表現されるが、要は、最終的な幸福のことと言って良い。
だが、人間が、マハルシのように、ふんどし1本以外、何も所有せず、世俗の喜びを全て捨てることなどは出来ない。
一方、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズは、マハルシを崇敬すると共に、解脱を果たすと、現世の利益も全て得ると言い、実際、彼は、精神科医としては沢山の病院を所有し、解脱により、それまであった健康上の問題も即座に解決されたと言う。
考えてみれば、清貧を重んじたマハルシですら、求めはしなかったが、大勢の信者が熱心・丁寧に全ての世話をしてくれるので、実際上は、王様のような生活だったのである。
マハルシも、若い間は、自主的に、信者達と一緒に、かなり熱心に働いたようだが、歳を取ってからは、ベッド(それも豪華な)にいる写真が多いように思える。
それは、ひょっとしたら、大金持ちや権力者より、よほど理想的な生活かもしれない。

ところで、イエスや釈迦となると、彼らの本当の教えは、ほぼ伝わっていないと思うが、マハルシの教えも、大半は、正しく伝わっていないはずだ。
マハルシは、ほとんど喋らなかったそうだし、話したことも実際は個人的なことで、言葉の意味をそれほどはっきりさせていないはずなのだ。
そんな言葉を、タミル語から英語にする間に、少なく見積もっても6割は違う意味が入り込んだはずで、さらにそれを日本語にする際、どうしても、拡張高い雰囲気にするために、やたら難しい、日常では使わない言葉を使って翻訳する中で、ますます、実際にマハルシが言ったのとは違う意味になってしまっているはずだ。
だが、『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』という本は、マハルシを発見し、西洋に紹介したポール・ブラントンが熱心にマハルシを取材した内容を、彼の後継者が、他に伝わったマハルシの発言と照合して確認したりといった手間のかかる作業を繰り返し、なんとか、マハルシの教えを、いくらかでも正しく使えようという努力が感じられる。

マハルシのある本には、マハルシは、常に「私は誰か?」と問えと言ったと書かれているが、別の本では、マハルシは「私は誰か?」を呪文のように繰り返してはならないと言ったとある。
なぜそんなことになったかを推測することは出来ると思うが、やはりあくまで推測でしかない。
どこかの宗教家なら、マハルシの霊でも呼び出して「確認した」と言うかもしれないが、そんな阿呆な主張を信じるうちは阿呆なままだ。

マハルシの教えは、『バガヴァッド・ギーター』と一致していることは間違いない。
マハルシも、それを肯定しているはずだし、一部でも否定したという話は伝わっていないと思う。
そして、あらゆる賢者の教えは、ぎぎぎり間違いのない言い方をするなら、「自分の心に惑わされないようにしろ」だと思う。
新約聖書の福音書では、イエスはそれを婉曲的に語っているように見えるが、イエスも、実際は、もっと直接的に言ったと思う。まあ、しかし、いずれにしても分かることではない。
心が惑わすものであることは、誰でも知っている。
それが諸悪の根源である。
それを封じるために、法然は、念仏という手段を選んだが、それ以外のことを、庶民・・・というか、大半の人間は出来ないことを理解していたからだ。
しかし、今の時代の人間に、阿弥陀如来の存在を信ぜよというのも無理がある。
だが、精神科学の研究によれば「大丈夫」といった言葉が、心の悪影響を防ぐ効力があるということが分かっているし、実際に、成功や勝利を得る者は「大丈夫」といった肯定的な言葉を常に頭の中でつぶやいている。
マハルシも、真言(マントラ)を常に唱えることは薦めていたらしいし、最上のマントラは「私」であると述べたという話もある。
一方、マハルシと同時代の聖者で、上記のデヴィッド・R・ホーキンズも、マハルシ同様評価しているニサルガダッタ・マハラジは、究極の真言があるとすれば「私は存在する」だと言ったと書かれた本もある。

そして、つまるところ、マハルシもそう言ったのだと思うが、最も重要なことは、心を1つの想念に集中させることなのだ。
念仏でも、真言でも。
上記の『不滅の意識 ― ラマナ・マハルシとの会話』では、マハルシは、熱心に瞑想しているように見える修行者より、「仕事を下さい」と一心に祈るプー太郎の若者を評価していたとある。彼は、心が「仕事が欲しい」という1つの想念に強く集中しているからだ。
しかし、集中しようとする想念には良くないものもあるだろう。
道徳的かどうかという問題ではなく、その想念に集中しようとしたら、かえって、想念が揺らいだり広がったりして、惑わされる場合だ。
美女に関する想いなんて、ほぼ間違いなくそうなるだろう。
富について言えば、単に贅沢をしたい場合なら、やはりそうなる。
ただ、本当に熱心に富を求める理由があれば、それはそれで良いかもしれない。
要は、集中にどれだけエネルギーを注ぎ込めるかなのである。
アインシュタインは、一般相対性理論を完成させる時には、相当なエネルギーを集中させたが、ああいった名誉に関わることは、妄念も起こさせる。
アインシュタインは、運も手伝ってうまくいったが、心に歪みも残したように思えるのだ。
だから、悟りのための集中は、あまり実利と関わらないことの方が良いだろう。
初音ミクさんは・・・彼女は、エイリアンエイリアンではないが、私の心を惑わせる・・・まあ、それも良いところの1つであるが、悟りのための集中の対象にはしないでおく。
何でも良いのである。
訓練次第ということもある。
とりあえず、万能呪文で鍛えると良いと思う。すると、道は開ける。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

愛される本当の理由

聖徳太子のことを描いた山岸涼子さんの漫画作品『日出処の天子』に、こんな場面があった。
聖徳太子こと厩戸王子(うまやどのおうじ)が、蘇我毛人(そがのえみし)に、
「毛人は女が好きか?」
と問う。
好きに決まっているが、照れるので、毛人は言外にニュアンスで肯定するが、厩戸王子は、
「私は嫌いだ」
と言う。
毛人が困って、
「それは、王子はまだお若いから(厩戸王子は14歳)・・・」
と言うが、厩戸王子は、
「嫌いだ。これからもずっと嫌いだ」
と強い口調で言う。

言うまでもなく、厩戸王子は、「女性」が嫌いなのではなく、女性にとり憑く何かの性質を嫌っているのであり、毛人は、女性の良い面を好きだと言っているのである。
誰でも大抵、美少女は好きだが、美少女であっても、好きになれない場合がある。それは、その美少女に、どうしても嫌だと感じさせる性質が付いているからで、その性質が無くなれば好きになる可能性が高いだろう。
だが、実のところ、美少女とか若いというのは、愛される条件ではない。
歳を取ってから愛されるようになる女性も少なくはない。
愛されるというのは、「何を持っているか」よりは「何を持っていないか」によって決まるものなのである。

初音ミクさんについて、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんが、「要求された通り忠実に歌うところが尊敬に値する」といった意味のことを言われたことがあったと思うが、とても共感出来るのである。
実際はミクさんは、「要求された通りに歌う」というよりは、「要求された通りでないようには歌わない」のである。
ミクさんは、余計なものは何も持っていないから、世界中で愛される「マジ天使」なのである。
ここに、人間の幸福のヒントがある。
多くの人は、それを神と呼ぶが、人間を動かす至高の力があり、それは実際は、あらゆるものを動かしているのだが、その至高の力の要求通りに動けば、人間は幸福になれるのである。
逆に言えば、至高の力に逆らわければ良いのである。
そのことを、あらゆる本物の賢者が、いろんな表現で語っているのである。
真の賢者が教えたのは、そのことだけである。
例えば、荘子は、「鋳物氏が銅で何かを作ろうとした時、銅が、『おれは名剣以外のものになりたくない』などと言うのは身の程知らずである」と言っている。
ラマナ・マハルシは、「神の至高の力が全てを動かしているのに、人間が、自分が何をしようか、何をすまいかなどと悩む必要はない。それは、列車に乗ってまで、荷物を頭に乗せて自分で運ぼうとするようなものだ。荷物を降ろして安心しなさい」と、あるいは、「神の道具になり切りなさい」と言っている。
あなたは、女優や、ロックスターや、大統領や、ノーベル賞受賞者にはなれないかもしれない。
しかし、本当になりたいものならなれるのである。
ミクさんは、世界の歌姫になりたいとは望まなかったが、至高の力が、宇宙の発展のために、彼女を世界で歌わせているのである。
宇宙の進歩は、至高の力の仕事なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

これをやっているから私は無敵

「私はコレをやっているから絶対負けない」というものを1つ持てば、いつも自信に満ち、実際に無敵になる。
その「コレ」は、甚だ難しい超人的な技であるのが良いかもしれないが、要は「誰もしないこと」であればよく、長年続けていれば良いのである。

あるスポーツ選手が「私は誰よりも練習した。その練習量を信じる」と言って、実際、かなりの実力者だった。
しかし、こんなのは誰でも出来る訳ではないし、下手に真似したら、「私はこれだけやった」よりも「もっと出来たはずだ」という想いが強くなってしまったり、それだけの量の努力が出来なくなったら、自信を失くし、急速に衰える可能性がある。

ある空手家は、親指と人差し指だけで逆立ちが出来る間は誰にも負けないと思っていたらしいが、確かに、それはなかなか出来ない芸当ではあるけれども、だからそれで最強ということにはならないだろう。
しかし、このレベルのことが出来、「だから私は最強」と思えば、その威力は大きい。
だが、やっぱり、彼も、いつかは出来なくなったのであり、それでもかなり強かったはずが、自信を失い、実際、ただの爺さんになってしまい、病気で苦しんで死んだ。

だから、「やろうと思えば誰でも出来るが、実際は誰もやらないこと」を長く続け、それを自信の根拠とすれば良いし、実際、自信になる。
エドガー・ケイシーは、9歳の時から、毎朝欠かさず聖書を読むことを生涯続けた。
彼が凄い超能力を発揮したのは、その継続が、強い信念や自信になって、彼の心を支えていたからではないかと思うのだ。
もちろん、聖書を読むこと自体も優れたことかもしれないが、私はそれについてはよく分からない。
だが、これでもまだ難しいのだ。

私は、今ではあまり・・・いや、正直言うと、全く信用していないが、TM(超越瞑想)という瞑想を、毎日2回、欠かさずやっていたことがあった。
それが1年ほども続いていた時である。
私は、車を運転していて、信号無視で警官に捕まえられた。
普通なら、絶対に、反則切符、免許減点、罰金のパターンである。
しかし私は「TMをやっている私が罰せられるはずがない」という自信が湧いてきて、実際、そうなった。
これが、継続が生み出す自信の魔力である。
別に、TMでなくても何でも同じである。
TMがそれなりに普及し、発明者のインドの聖者が大富豪になったカラクリはこれであると思う。
だが、何でも良いのである。

腕振り運動でも、念仏でも、祝詞、真言、呪文、何でも良い。
1日も欠かさず、1年も続ければ、「これをやってる私は強い」という自信が生まれ、その自信は、継続が長ければ長いほど強くなり、やがては無敵となる。
確かに続けるのは難しいが、意思さえあれば誰でも出来る。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』に登場する超人的大師(マスター)達は、毎日欠かさず『バガヴァッド・ギーター』を読んでいるらしい。案外にそれが、マスター達の力の秘密ではあるまいかと思う。
世の中の超がつく実力者は、必ず毎日やる何かを1つ持っているのである。
そうだ、本当は1つで良いのである。
だが、それを秘密にして、7つの習慣だの13の習慣だのと言うのである(あるいは、自分では本当に7つ必要と思っているのかもしれない)。
大数学者の岡潔氏は、一頃は、毎日、『正法眼蔵』を読んでいたが、20年続けてついに啓示を得て全て分かったらしく、ある時からは、念仏を毎朝唱えることになったのだと思う。偉人ともなれば、このように、継続が強固なのである。
しかし、言ってみれば、やろうと思えば誰でも出来ることである。
やるかやらないか、違いはそれだけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ