ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

こうすれば楽に確実に成功する

催眠療法というものがある。
催眠術で意識を希薄な状態にすることで露出した潜在意識を直接変えてしまおうというものだ。
あまりに危険極まりないので、やめておくべきだ。
それに、もし、そんなものでうまくいくなら、精神的な問題はもっと容易く解決され、皆が楽しく、生き生きとしているはずであるが、そんな話は聴いたことがない。
昔、脳波をアルファー波やシータ波に導いて、意識が薄れた状態で自己暗示をかければ、その暗示の通りの良い効果が現れるという話が流行ったこともあったが、これも、良い効果がなく、それどころか、本人は分からないかもしれないが、実際は悪い効果しかないので、今では全く忘れられてしまった。

自己変革というのは、あくまで自分の意志の力で行わないといけない。
問題は、多くの人が、「短時間で」「無理矢理」やろうとすることだ。
ほとんどいかなることも、「時間をかけ」「自然に」やる必要があるのだ。
イタリアでは、良いサッカー選手になりたければ、子供の時から、なるべく長い時間、サッカーボールに触れることが大切であることが常識だ。
なのに、サッカーを始めたばかりの者が、短期間の特訓で、いきなりうまくなろうとするから挫折するのである。そんなこと、出来るはずがない。
拳銃の名手の話でよく伝わっている話は、その拳銃の名手は、いつも拳銃に触り、拳銃の手入れをし、時には磨き、うっとり眺めたりで、ある意味、不気味であったようだ。
しかしそれは、楽器演奏の名手、優れた野球のピッチャーやバッター、一流プログラマーも同様だ。
魔法使いはカバラー書を、超能力者は霊的な秘法書を常に手元に置いているのである。

コンピュータープログラミングをマスター出来る人は人類の3割で、実際に、使い物になる人は数パーセントらしい。
その理由は簡単で、毎日1時間以上、手元にプログラミングのテキストやプログラミング出来るパソコンを置いている人が3割で、3時間以上なら数パーセントだからである。
私も、プログラミング入門時代は、テキストの表紙を眺めているだけで楽しかったものだ。
1947年のジャック・ウィリアムスンの傑作SF小説『ヒューマノイド』に登場する、若き天才コンピューター技術者アイアンスミスは、元々は、ホウキが主な仕事道具の雑用係であったが、彼は、友達と飲みに行く時でも、テキストを手放さなかった。
著者のジャック・ウィリアムスンは12歳まで学校に行かず、21歳で学校をやめているが、学識高く、後には文学博士号を正当に取得している。
彼は、学ぶ秘訣を知っているのだ。

引き寄せや潜在意識による成功法則も同じで、よく「なぜあなたは成功法則で成功しないのか」などというキャッチコピーで宣伝してる本があるが、なぜと問うなら、答は「時間をかけなかった」それだけである。
斎藤一人さんが「ツイてる」と千回言えばツクということを本に書いておられたが、千回では全然少ない。バットを千回振っただけで一流バッターになった選手はいない。
力まなくていいから、出来るだけ多く、長い期間やれば、少しずつ、そして、やがて大きな成果を得るだろう。











  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

楽しいことを考える

ナチスのユダヤ人強制収容所から生還したヴィクトール・フランクルの『夜と霧』には、生命エネルギーを活性化する秘訣が書かれている。人間のいかなる力も、根源は生命エネルギーであり、それは万能の力と言っても良く、あらゆる大事業を成し遂げる力はそれである。
ユダヤ人強制収容所でのユダヤ人の生活は、普通の日本人には想像も出来ない。就寝のベッドは、横向けになって詰め込めるだけ詰め込まれる。
だが、極寒の中、ロクに着るものもないので、他人の体温が救いになった。枕はなく、枕がないと眠れない者は、靴をベッドに持ち込んだ。動物の糞で汚れた靴でもだ。しかし、そんな中でも、慣れれば寝られるのである。薄いスープと、「馬鹿にしたような」小さなパンだけで、毎日、長時間の重労働を強制され、本当に骨と皮だけの身体になる。また、同じ囚人でありながら、性格が残酷な者が監視人に任命され、一般の囚人達は彼らに、集合に遅れたとか作業が遅かったと見なされた時、あるいは、単に気紛れで殴られる。
その他にも、数え切れない苦難が押し寄せる中、僅かな食事を返上して、代わりに得た煙草を吹かす囚人がいて、煙草を吸い終わると、高圧電流が流れる鉄条網に飛び込んだ。生き残るのは、必ずしも肉体が屈強な者ではなかった。フランクルは、心の中で、新婚の妻と会話していた。それは現実としか思えなかった。他にも、自分の息子と再び会うことを考え続けている者はしぶとかった。
似た話を、「ケンカの鉄人」と呼ばれる林悦道氏の『完全「ケンカ」マニュアル』で見た。第二次世界大戦時、日本の海軍の船が何度も魚雷で沈められ、乗員は船の残骸である板切れに掴まって漂流することがあった。鮫がうようよいる大海原で漂流している時、ほぼ全員が精神の糸が切れ、鮫にやられるまでもなく死んでいった。だが、5回もそんな目に遭いながら生き延びた男がいた。彼は部類の酒好きで、寒い海を、鮫の突進を危うく交わして漂いながらも、岡に戻って大好きな酒を飲むことだけを考え、それはいつも実現した。
個人的な欲望の力は馬鹿に出来ない。プロ野球でも、限度はあるだろうが、チームのためというより、自分のためにプレイする選手の方が成績が良いという話がある。落合博満さんなどは、奥さんの誕生日には高確率でホームランを打ったらしいし、確か、テレビで、「全ての打席でホームランを狙っていた」と白状したことがあったと思う。これは、少なくとも、「大変にチームプレイを重視していた」とは言えないだろう。
他人を貶めたり、恨んだりするのに比べれば、自分の楽しさを追及する方がずっと良い。世の中には、他人に無用な攻撃をしたがる者が多いが、そんな者達は、自分が楽しくないので、そんなつまらないことをするのである。他人に迷惑をかけるなと言うのではないが、そんなことをしていれば、何をやってもうまくいかず、惨めな明日が待っているだけだ。だから、自分のためを思って、人を恐れ、恨みを買わないことだ。そして、自分の楽しみを大事にし、少なくとも、いつもそれについて考えていれば、生命エネルギーに満ち、それにつられて周囲は変化し、好ましい状況になるだろう。世界は、そのように出来ているのだと思う。






  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

もっと呪文を

我々は、もっと呪文を唱えなければならない。
いや、実は、もう既に、誰もが呪文を唱えている。それもごく頻繁に。
ただし、ほとんどの人が、非常に好ましくない呪文を唱えているのだ。
「また嫌な目に遭う」「会社は辛い」「学校は嫌な場所だ」「どうせ私は駄目だ」
「私はあいつらの言いなりになるしかない」「逆らえない」「僕は弱い」「あいつは僕より偉い」「我慢するしかない」
一説では、人間は、1分間に、300から1000の呪文を唱えている。
それは、深層意識から出てくる言葉であり、深層意識の状態を表しているが、頭の中のひとり言(呪文)を繰り返すことで、深層意識の現在の状態を強固にしていくのだから恐ろしい。
つまり、人間は、教育された信念を自動的に強化していくように出来ている。なぜそうなっているのかというと、原始的な時代は、その方が生き延び易いからだ。
だが現代では、なぜ、マイナスの呪文ばかり唱えるようになったのかというと、1つは学校のためである。
学校は、従順な労働者を生産するための場所であり、必然的に、被支配者に相応しい呪文を生徒に叩き込む構造になっている。
もう1つは、支配者が民衆を自分達の都合の良い頭の持ち主にするためで、そのために近代では、新聞、テレビ、ラジオがフルに活用され続けている。
ともかく、我々は、深層意識に叩き込まれた呪文を消し、深層意識を好ましい状態にしなければならない。
そのためには、プラスの呪文を意識的に唱えるだけで良い。
それを数多く、継続的に唱えることで、深層意識の呪文を消し、新しい形の深層意識を形成する。
呪文の言葉は、自分にとってプラスのものなら何でも良い。
ただし、早く効果を出すためには、同じ言葉を使った方が良いだろう。ただし1つでは飽きるから、3つか4つが良いかもしれないが、それは人それぞれだ。
「私はできる」「できる」
「ツイてる」「豊かだ」「幸せだ」
「ありがたい」
ジョン・マクドナルドの『マスターの教え』という本には、沢山の肯定的な単語が紹介されている。
ただ、この本では、1日の中で一度、30分ほど唱えよと書かれているが、特に気に入ったものを1日中唱えるべきである。
当時は(この本が書かれたのは半世紀以上前と思われる)、その後ほど、支配者による洗脳が強固でなかったのかもしれない。
ただ、『四つの約束』などで知られる、ドン・ミゲル・ルイスは、旧約聖書の時代から、人類の頭の中には、悪しきひとり言が繰り返されていると主張している。

「呪文」「つぶやき」「自己暗示」は、どれも同じ意味と考えて良いが、これらについて、著者の個人的な思い込みが書かれたものは読まない方が良い。
重要なことは理屈ではなく、呪文を唱えることだ。
まとめて言うと、我々一般人は、頭の中で、悪いひとり言(呪文、暗示)が繰り返されているので、それを打ち消すために、本当に自分の役に立つ呪文を唱えることが必要なのである。
世界、あるいは、人生は、深い心・・・深層意識、潜在意識、無意識が作る。だから、そこが支配者の都合の良い暗示に満ちていては、我々は奴隷の人生を歩むしかないのである。
だが、深層意識の中の常態が良ければ、世界、あるいは、人生は、思いのままである。
そのための呪文を、頻繁に、そして、長期に渡って唱える必要があるが、その恩恵を考えると、容易いはずである。











  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

こうすれば、YouTuberにだってなれる

中学生や高校生がなりたい職業の1位、あるいは、上位に、YouTuberがある。
これに関して、批判的な向きもあろうが、私は、そんなに間違っていないと思う。
別に、YouTubeに限定される必要はない。
YouTubeは2次元のビデオだが、3次元で配信を行うものもあり、2次元・3次元も、今後、いろんなものが増えていくだろう。
何なら、自分で作っても良い。
つまり、クリエイティブであれば良いのであり、今は、たまたまYouTubeが一番流行っているので、そこにクリエイターが集まっているだけだ。

カーン・アカデミーという、教育の形を根本的に変えてしまった教育ビデオ・コンテンツもYouTubeの教育ビデオから始まってるが、ここまで大きくなったのは、コンテンツが良かったからだ。
ただ、カーンは、別にこれで儲けようとか、教育改革を起こそうとか、まして、有名になろうと考えたのではない。
まずは、子供たちに、分かり易く、そして、楽しく勉強させてやりたかったのであり、また、落ちこぼれを救おう、さらに、教育の機会が与えられない子供を無くそうと思ったのだ。
そして、カーンは、そのために役に立つ教育コンテンツを作ることが楽しかったのだ。

自分が作ったビデオによって、他の人の役に立つことが嬉しいと感じるようでないと、良いYouTubeにはなれない。
残念ながら多くみかけるが、単に受け狙いのもの、自分が目立ちたいだけのもの、そして、儲かりさえすれば良いものを作ろうとすれば、一瞬はうまくいっても、すぐ駄目になる。

持っている予算の中で、みんなに喜んでもらえるものを作るためにクリエイティビティー(創造性)を発揮するというのは、いかなる仕事でも共通する成功の原則なのであるから、それを持っていれば、他の仕事で成功するのと同様、YouTuberでも必ず成功出来るはずである。
ところが、「YouTuberで成功出来るのは千人に1人、万人に1人」などと言われるのは、今はまだ、さっき述べたビジネスの成功の鉄則を知らないYouTuberが多過ぎるからである。
それでいえば、コンピュータープログラマーも同じようなところがあるのだ。つまり、コンピュータープログラマーがいくら足りないと言ったところで、お客様の役に立ち、喜んでもらおうという心がけのあるプログラマーでない限り用はなく、実際、そうでないプログラマーは、仕事を得るのに苦労しているはずだ。プログラマーだって、本当に、そういった、真のビジネスマインドを持っていれば、開発会社に入る必要がないなかりか、日本のソフト開発会社の多くは、お客様のことを温かく思いやるマインドに著しく欠けているので、そんな会社には入らない方が良いくらいだ。
(※良い開発会社が、単に「ご親切」、つまり、客の言いなりになるというのではないのは当たり前だが、そんな誤解をする未熟な者も多いので、一応、断っておく)
そして、今後は、いかなる職業であれ、お客様の役に立ち、喜んでもらうために創造性を発揮出来るなら、就職する必要はなくなる。
そのためには、学校の勉強のようなものではなく、自分が好きなことで、真剣に、それなりの期間、打ち込めるものを持たなくてはならない。
プログラミングもその1つだし、絵やビデオの制作、音楽や小説の制作、デジタル技術や機械の開発など、道はいくらでもある。

今こそ、何かに打ち込み、それを楽しむことが必要である。
受験みたいな無駄なことばかりに時間やエネルギーを費やしていたら、一生、強い者にしがみつくだけの奴隷でいるしかない。











  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ジョセフ・マーフィーの成功法則は効果があることの証明

家に引きこもって、仕事にも学校にも行かない人が増え続け、相当な数になっているようだ。
自分も引きこもり気質だという大思想家の吉本隆明氏は、著書で、引きこもりは、誰とも会わずに出来る仕事を探した方が良いと書かれていて、それならば、今の時代、家でネットを使って稼げば良さそうなものであるし、そんな人もいるにはいるが、それは難しいことで、滅多にはいない。

私も引きこもり気質というか、若い頃は実際に行きこもっていて、そのまま引きこもっていてもおかしくなかったはずだが、なぜかブラックなセールスマンをやっていた。
休日なしで深夜まで働き、それでいて基本給もなく売らなければ収入なしで、通勤や営業の交通費も一切なしで、これは確かに、今ではブラックだが、昔は、そんな職場はよくあったと思う。もちろん、今でもあるだろう。
確かに厳しい仕事で、10人入ってくればひと月以内に9人が辞めた。数日で辞める人が多く、翌日来ない人も少なくなかった。
そんなところに、何を間違ったのか、引きこもりの私が入り、そして、勤め続けていた。
ところが、ブラックと言っても、職場は皆、良い人で、案外に楽しかったし、ブラックな苦しさも良い思い出になっている。
それは良い経験というだけでなく、実に良い経験だ。
私に、なんでそんなことが出来たのかというと、これは間違いなく、ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法則の本を読んだからだろう。
そして、1年ほど真っ暗な職場で修行し、もう少しマシなセールスの職場に入った途端、強豪セールスマン達を抑えてセールスコンテンストで優勝したのも、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたからだ。
やがて、小さいながらブラックでない会社(自社ビルを持っていた)に入れたのも、マーフィーの本のおかげで、そこで、プログラミングを覚えてプログラマーになり、一部上場企業のSEになれたのも、やっぱり、マーフィーの本のおかげだ。
つまり、ジョセフ・マーフィーの成功法則は、やはり効果があるのだ。
その後は、大成功を目指すというより、働かずに趣味に生きるのが好きなので、ほとんど働かずに給料を貰っていたところは、小泉純一郎元総理のサラリーマン時代のようである(小泉氏は「人生いろいろ、会社もいろいろ」と言われていたが)。
モデルは、サラリーマン時代、出社と同時に遊びに出かけていた、大俳優の丹波哲郎氏だった。私も、ほとんど社内にいなかった。
ただし、働かないながら、有名人でも何でもない私が、結構な人数を相手に講演をしていたのだから面白い。
そんな珍しいことが出来たのも、やはり、マーフィーの本の教えのおかげだ。

そんな訳で、ジョセフ・マーフィーの本はお薦めするが、あの1冊の長さには、ちょっと疑問もある。
しかも、1冊を通じて、ほとんど同じ調子なので、飽きるかもしれない。
いや、先入観を与えるのも良くないのだが、あの長さが理由で、せっかく読み始めても、読むのをやめる人がいるかもしれない・・・いや、いた。
とりあえずは、多少の忍耐を発揮して通読することを薦めるが、その後は、気に入った部分だけ読めばよく、読まないくらいなら、最初の方だけしっかり読むと良い。

渡部昇一氏は、オックスフォード留学時代にマーフィーの本を読んだのが、あれほどの大批評家、大学者、大作家になった要因だと言われているが、ある時期までは、それを隠し、マーフィーの本は大島淳一というペンネームで書き、大島淳一が実は渡部昇一氏だと知った時は、私はかなり驚いた。
しかし、それで、マーフィーの成功法則の信憑性も高まったことだろう。

私は、引きこもり支援の活動を公的に行うことになり、それは一応は専門のITの啓蒙だが、マーフィーの本を読むのが手っ取り早いとも思える。











  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード