ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当の自分に戻る方法

本当の自分というものがあるのだろう。
それが、阿弥陀如来やアマテラス、あるいは、クリシュナのようなものかどうかは分からないが、少なくとも、極めて能力が高く、この世でのことくらい、どんなことも楽々こなせる。
だから、本当の自分になれば、全ては思い通りである。
だが、どうすれば本当の自分になれるのかが分からない。
しかし、案外に簡単なことなのだ。
権威ある人達の教えはだいたい一致していて、煩悩が本当の自分を覆い隠してしまっている。
では、煩悩を消せば良いということになるが、それは、とてつもなく難しく、努力しても、一生の間に達成出来るとは、とても思えない。
だが、やはり賢い人達の言葉は、煩悩自体は消す必要がない(むしろ消してはならない)ということで一致しているのだ。
単に、煩悩に支配されなければ良いのである。
しかし、それも、煩悩を消すこと並に難しいと思っている人が多いかもしれないが、そんなことはない。
簡単だ。
しかし、酒好きが、ついつい過度に酒を飲んでしまうとか、女好きが、女房がいるのに、浮気が止められないなど、煩悩に支配されないのは、ほとんど不可能のように言われることがある。

普通は、単に練習すれば良い。
たとえば、運動が嫌いな人が、毎日、必ずスクワットを100回やると決め、「今日はやりたくない」という煩悩に打ち勝って1年365日、欠かさず続ければ、「なまけたい」という煩悩は消えはしないが、煩悩に支配されなくなっている。つまり、本当の自分が支配権を取り戻したのである。
毎日チョコレートを食べたいが、週に1度だけにすると決めて、それを守っても、やはり、支配権が、煩悩から本当の自分に戻ったことになる。

しかし、もっと簡単な方法もある。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、煩悩にまみれ、最底辺に堕落した26人の男が、16歳のターニャという少女に出逢い、全てが変わる。
ターニャの前では、あるいは、ターニャのことを想う時は、それまでとは違い、礼儀正しくなり、節度があり、おだやかで思慮深くなった。
つまり、支配権が、煩悩から、本当の自分に完全に移行した。
何の努力もせずにだ。
別に、ターニャが特別な少女である訳ではない。
ちょっと可愛いが、平凡な、どちらかといえば駄目な少女だ。
しかし、16歳で可愛いというだけで、中年過ぎたひなびた男から見れば、天使のようなものである。
その天使のような輝きに目が眩み、一瞬で本当の自分が目覚めたようなものだ。
このように、何かを崇めれば良いのである。
だが、崇めると言うのは、単に好きとか、ファンであるとか、マニアであるということとは絶対的に違う。
「敬う」という感情が必要だ。
26人の男達はターニャを敬っていた。
単に、可愛い少女のファンだったのではない。
敬うという感情が、本当の自分になるためのマスターキーなのである。
敬う心を持てた者ほど幸運な者はいない。
イエス・キリストを純粋に敬っている者は全員が成功している。
だが、敬っているフリをしているだけの者は全員が駄目になっているのである。
そして、偽物が多いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

あげ↑る方法

苦しみを逃れ、勝利するための、最も優れた方法は、モーリス・ホワイトの『LET'S FLY』という歌で何度も繰り返される以下のフレーズに表れている。

LET'S FLY HIGH
LEAVE THE PAIN YOU KNEW SPINNING BELOW
(詩:BROCK WALSH)

飛ぼうよ高く
辛いことは下界で空まわりさせとけばいい
(訳詩:冬杜花代子)
※『LET'S FLY』は『ガッチャマン』(1994)の主題歌。

高く飛んでしまえば、地上の喧騒に影響されることはなくなる。
これは、心の振動数を上げれば、振動数が高い原因世界に入り込み、世界をコントロールするという意味だ。
これだけ言うと、オカルト的と感じるかもしれないが、それが真理だし、良い意味の、そして、本当の意味のオカルト(隠されたもの)である。

直感的には、私はずっと昔に、この詩の奥深い真理を感じてはたのだが、「どうすれば高く飛べるか」が分からなかった。
少食などの修行は、高く飛ぶための準備にはなるが、それだけで高く飛べる訳ではない。
だが、ヴァーノン・ハワードも著書で述べていた通り、我々は翼を持っていることを忘れた鷲である。
本当は、翼を広げさえすれば飛べるのである。

振動数を上げることについては、「マジカルミライ」の2013年から昨年2017年まで全てで歌われた『shake it!』の歌詞「あげ↑てきな」の通りだ。
[60fps Full] shake it! シェイクイット! - Hatsune Miku Rin Len 初音ミク 鏡音リン レン DIVA English Romaji PDA FT - YouTube -
実際のやり方は、「自分流」でいくしかない。
方法は無限にあるが、自分でやるしかないのである。
けれども、いかなる方法も、たとえしばらくの間は振動数を上げられても、急下降する危険もある。
少食も、念仏も、坐禅や静坐も、あらゆる聖典を読むことも。
しかし、よほどひねくれて読まない限り、『バガヴァッド・ギーター』は神の言葉なのだから、間違いないかもしれない。
ただ、本当に重要なことは「敬う」ということだ。
それは、確実に振動数を上げる。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』で、最低の振動数の26人の男が、本当は平凡な娘なのだが、ターニャという16歳の少女を女神のように崇めることで、振動数を上げたようにである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ニュートンとソクラテスの差

自分を高く評価し、自信を持たなければならないとも言われるが、一方、自分は取るに足らない者だという謙虚さを持たねばならないとも言われる。
どちらも、キラ星のごとき偉人達が言っているからややこしい。
持つべきものは自信か謙虚さか?
確かに、身の程知らずの法外な自信を持っている馬鹿は多いし、「自分なんて・・・」とウジウジしている卑屈な連中も沢山いる。
まあ、身の程知らずは、本当は自信なんて持ってないし、卑屈なやつは心の中は傲慢なものなのだが。
だから、あくまで、本物の自信、本物の謙虚さを問題にしなければならないが、「本当に自信がある者は謙虚である」なーんて当たり前のことを言っていてはならない。
そんなことを言うのは小賢しいだけの馬鹿だ。

ソクラテスは、権威ある巫女に、「お前が人間の中で一番賢い」と言われ、巫女に逆らうつもりはないが、そんな言を受け入れる訳にはいかないと思った。
それで、賢いと評判の人を全て訪ね、自分より賢い人がいることを証明しようと思った。
ところが、訪ねていった賢い人達は、皆、彼らが賢いと言われる訳になってる彼らの仕事について、「自分の能力でやっている」「自分は貴重な秘訣を知っている」と思っている。
しかし、ソクラテスは、自分は何も知らず、神が教えてくれるだけだと言う。
そして、ソクラテスは、「私は、自分が何も知らないことを知っているがゆえに、私が一番賢い」と結論する。
だけど、貧乏な一生を送り、あげく、老人になって死刑だ。
ちーっとも賢くない。

一方、アイザック・ニュートンは、あの感動的な言葉、「私は浜辺で遊ぶ子供に過ぎず、時々、きれいな貝や石を拾い上げたが、目の前に横たわる真理の大海には全く手をつけられなかった」を残した。
「嗚呼!美しい!!」などと騙されてはいけない。
ニュートンほど傲慢な人間はいないのだ。
だが、ニュートンは富豪で地位も高かった。
ソクラテスとは偉い違いだ。

で、やり過ぎてはならないが、皆さんはニュートンを目指して欲しい。
ニュートンは、実に執念深かった。
しかしそれは、言い換えれば、根気があるってことだ。
その根気を支えたのは熱情だ。
ニュートンは、1つの部屋に、大きな猫のために大きなドアを、小さな猫のために小さなドアを作るほどの阿呆だった。
だが、熱情と粘りを持っていたのだ。
だから、あなたもそうあれば良い。
何に熱意を持てば良いか分からないなんてことはあり得ない。
ヒントを言えば、誰だって劣等感を持っている。
それを帳消しにする目標を持てば良いのである。
それが基本ってやつじゃないのか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本人はこうして成功する

西洋と日本では、成功の仕方も違う。
西洋の代表的な成功の教えは、イエスの「5人の賢い乙女と5人の愚かな乙女」で、日本では、昔話にある「2人の根気のない娘と1人の根気のある娘」である。
イエスの話は、「夜中に10人の乙女が、ランプに火を燈して花婿を待っていた。花婿は遅く、ランプの油が尽きたが、5人の乙女は予備の油を用意していたので、そのまま待ち続けることが出来たが、他の5人の乙女は予備の油を持っていなかったので、油を買いに行った。その間に花婿が来たので、予備の油を用意していた5人の乙女だけが花嫁になれた」である。
「時が来た時のための準備を怠るな」が、西洋の教えだ。
日本の昔話の方は、「母親が亡くなろうとしている時、最後に山梨が食べたいと言い、山に行って出会う女の人に指示に従えば、山梨のある所に行けると3人の娘に告げ、3人の娘は1人ずつ出発する。娘達が出会った女の人は、『前に行け』『後ろに行け』と繰り返し続け、根気が尽きた姉2人は指示に従わず、女の人に食べられたが、一番下の妹は最後まで指示に従ったので、山梨を手に入れ、母親のところに持って帰ると、母親は回復し、2人はずっと幸せに暮した」だ。
日本人は、「なかなか成果が出なくても、根気よく努力を続ける」ことで、最後に成功するのである。

腕振り運動をするなら、現状維持で良ければ1日500回、大発展を願うなら1日1000~2000回をする。
成果が出なくても、根気強く1年、2年と1日も欠かさず続ければうまくいくだろう。
その程度の根気がなくて、「良くなりません」と文句を言う者は愚かである。
プログラミングがまさにあてはまり、プログラミングは1ヶ月やそこらでマスター出来るものではないが、諦めずに毎日練習し続ければ、それが身につき、恩恵は大きい。
私は頭が良い方でないので、C言語をマスターする時、毎日、夜中の2~3時まで数ヶ月練習してやっと出来るようになった。
しかし、そのおかげで、他のプログラミング言語は、比較的容易く覚えられた。
ExcelやAccessのVBA言語をマスターするのも、ゼロからのスタートなら、やはり時間がかかり、根気を要する。しかし、昔と違い、今は習得し易いはずだ。

だが、根気を持って続けることは、苦しい面は確かにあるが、本当は楽しいことなのである。
少しの努力を短期間するだけで出来ることばかりをやっていたら、そんな真の楽しさを味わうことが出来ない。
10年間歌い続けてきた初音ミクさんの歌声に励まされ、私は何年も、毎晩欠かさずヒンズースクワットと腕立て伏せを続けているが、無欲で淡々とやっているためか、肉体の波動が変わってきた様子である。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ユダヤ人が強い本当の理由

以前も書いたが、心理学の研究によれば、どんな子供が最も幸福を感じているのかというと、家族の歴史を知っている子供である。
ご先祖様のことまで知っている子は、間違いなく、心が強く、安定している。
せめて、両親の簡単な生い立ちから後でも知っていれば、やはり、しっかりした子供になるのである。

これは、国家についても同じで、国民が国の歴史を知っている国は強い。
アメリカなんて国は、歴史が古くないこともあり、リアルな輝かしい独立の経緯を、アメリカ国民がよく知っていた頃は極めて強かったが、今はそうではない。
そこにいけば、ユダヤ人が賢い・・・とうより強いのは、ユダヤ人は誰もが、自分達ユダヤ民族の歴史を、子供の時からしっかり教えられて、よく覚えているからだ。
実は、ユダヤ人が凄い真の理由は、これなのである。

ところで、国の神話なんてのは、昔の権力者によってかなり歪められているものだ。
実は、それ自体は別に良いのだが、下手な改変により、不自然になるからまずいのだ。
それにより、国民が、神話をうそ臭く感じ、重んじなくなるからだ。
古事記は、残念ながら、そんなものなのかもしれない。
しかし、むしろ、日本の場合は、昔話に日本の歴史があり、それを拠り所に、日本人は自分を認識出来るのである。
日本のお伽噺も勿論良いが、『遠野物語』を読むことだ。

自分のルーツが分かれば、自分の物語を作ることが出来る。
そして、人間が幸福になるかどうか、成功するかどうか、どんな人間になるか、強くなれるかは、自分が頭の中で作る物語次第なのである。
植村花菜さんの『トイレの神様』なんて、まさに、自分のルーツの観念に基いた物語であり、あの通りにやれば、ちゃんときれいになれる。
正直であれば、生き物を大切にすれば、弱い者を助ければ、神の恵みを得て、お金持ちにもなり、偉くもなる。
それが日本人の深い思想だ。
だから、特に日本人の場合、人を騙したり、弱い者を虐げていたら、一時的にはうまくいっても、その後の転落振りは悲惨なものになる。
だから、まずは、日本の物語を読んでみれば良い。
そして、自分だけのストーリーを自分で作るのである。
ユダヤ人がなぜ強いのか、忘れてはならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加   
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ