ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

今後、有望なスキル?

大学に入る時、学部を選ぶ動機が、「この分野の業界が将来有望だから」なんて人が、今でもいるのかなあと思う。
その、「この分野が有望」ってのは、誰か著名な人の意見かもしれないが、専門家の予想があたる確率は、チンパンジーが投げるダーツほどいい加減だって研究成果もあるほどだ。
つまり、まず当たらない。
いや、仮に当たるとしても、馬鹿げた選択の仕方であることは変わらない。
だが、大学で何を専攻するかは、特に、日本の大学では、ほとんどどうでも良いことかもしれない。言うまでもなく、自分が本当に興味がある分野を選ぶのが一番だし、本来は、それ以外の動機は考えられない。

また、サラリーマンや失業者、あるいは、ニートが、「これからは、どんなスキルを持つことが有利ですか?」と聞いてくることがあるが、そんなこと分からない。
それを、自信たっぷりに、「これからはプログラミングだ。Pythonをマスターしなさい」と言うやつとは、距離を置いた方が良い。

ただ、どんな人でも、知っておくべきことはある。
それは、「何事も、それで食っていけるまでになるには、時間がかかる」ということだ。
これを知っておけば、「3日でマスター出来る」「2週間で楽々マスター」「1か月後にはプロに」なんて馬鹿な誘いに乗らずに済む。

それなら、時間をかけて一生懸命勉強してから仕事に就けば良いかというと、勉強だけでは、やる気が続かない。
勉強中の分野の仕事をしながら、家で勉強するというのが、プロになる王道だ。ただ、王道が一番良いとも限らない。
全然違う分野の仕事に就き、それが、全然自分に向いてなかったり、周囲が嫌なやつばかりで、仕事が面白くないなら、自ずと勉強にも熱がこもるってものだ。
このやり方が、良い結果につながることが多いと思う。

私は、職業の勉強に関し、1947年のジャック・ウィリアムスンのSF小説『ヒューマノイド』に好きな話がある。
青年アイアンスミスは、学歴もなく、仕事道具はホウキだった。
だが、いつでも・・・仲間と飲みに行くときですら、コンピューターの本を肌身離さなかった。
それでついに、世界最高の科学者フォレスターを超える存在になった。
この作品の作者、ジャック・ウィリアムスンは12歳まで学校に行かず(住んでいた村に学校がなかった)、21歳で師範学校(教師養成校)を辞めた。
しかし、作家になった後、文学博士号を取得し、東ニューメキシコ大学の教員を生涯続けながら、2006年に98歳で亡くなるまで執筆を続けた。
チームラボの猪子寿之社長と現在ドワンゴの社長である夏野剛氏との対談で猪子氏が言っておられたが、かけた時間が全てである。
世に言う1万時間の法則は、だいたい真実で、どんなことも、プロになるには1万時間の修練が必要だ。
1万時間とは、1日3時間で約9年、1日2時間で14年弱である。
感覚的には、それでぴったりと思う。
ただ、1日3時間と言っても、みっちりと集中しながら3時間と言うのではない。それはかなりシンドいし、私なら続かない。
私は、本を開いているだけでも全く駄目ということはないと思う。
ただ、「今日はサボりました」って日は無いようにしたい。
いったんサボると、サボる日がだんだん多くなり、やがて、全くやらなくなってしまう。
だから、本を広げるだけでもいいから、毎日、時間を注ぎ込むべきと思う。
人間の脳は思っているより高性能で、広げただけの本からでも、結構、学んでいるものである。
シュリーマンは15ヵ国語をマスターしたという伝説があるが、それは大袈裟にしろ、かなりの数の外国語を、実際に独学で習得した。彼は外国語の勉強を始める時は、その言葉で書かれた全然読めない本を穴が開くほどじっと見つめていたという話がある。私は、それは案外、良い学習の仕方だと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
解らないところがあっても、NNC(この本で採用しているソニーの無料のAI開発アプリ)での実習を続けて下さい。
無料ダウンロード出来る、この本のほぼ全ての実習が出来るデータを作ることが出来る、Excelマクロ(VBAプログラム)によるシミュレーションプログラムを動かしてみて下さい。
そうすれば、無意識領域で徐々に理解が深まり、自然にAIが作れるようになると思います。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

子供の魔法レッスン

人間は、子供の時に、心についての知識を持っておくべきだ。
心の知識がないことが不幸の元なのである。
その理由はこうである。人間は、嫌いな人間の心にダメージを与えるのが大好きである(いじめがなくならない理由がこれだ)。
嫌いな人間の心にダメージを与えるには、悪口、嫌がらせ、暴力を使う。
暴力というのは、表面的には身体への攻撃であるが、その本当の目的は心にダメージを与えることなのである。
これらの攻撃を避けることは難しい。
だから、そんな攻撃を受けた時の対処法を教えないといけないのに、それを教えない、あるいは、誤った方法を教えることで、子供は攻撃を受けて弱くなり、最悪、自殺してしまう。

では、どんな知識が必要なのだろう。
まず、悪口、嫌がらせ、暴力を受けた時、胸が痛むことに注意をしなければならない。
心も心臓も英語でハートというように、心の座は心臓にあり、心が痛むと心臓のあたりが痛むのである。
あるアニメで、10歳と14歳の少女が、他者から嫌なことを言われると、「あほー!」「うんこー!」とわめく。
あれが、最も悪いやり方で、こんな言葉を、口で言っても心で言っても、ダメージは大きくなるばかりだ。
他にも、「この野郎」「この馬鹿」「低能」「人でなし」など、相手の悪口を、口でも心でも、一切言ってはならない。
もっと端的に言えば、口でも心でも、言葉を発してはならない。
そして、胸に集中し、痛みを味わうのである。
それは苦しいし、損をしている気分にもなる。
しかし、これほどお得なことはないのだ。
なぜなら、これこそが魔法の力を得る秘法だからである。
魔法のような素晴らしい力が痛みなく得られることはないことを、子供のうちにちゃんと教えておかねばならない。

魔法に限らず、素晴らしいものは痛み無くしては得られない。
大人であれば、すらりとした身体になるためには、食べることを控えるという痛み、運動するという痛みが必要じゃないか?
そんな簡単なことを子供のうちにしっかり理解していないので、いい歳になって、「飲むだけ簡単ダイエット」だの「このマシンで楽々痩せる」といったアホな言葉に簡単に騙されてお金を失うのである。
英語をマスターするにも、遊び時間をレッスンに回す痛みが必要なはずなのに「英語は努力なくマスター」なんて詐欺商材に騙されるのだ。
そして、魔法の力は、特に痛みが・・・いや、痛みのみが必要なのである。
胸の痛み、心の痛みである。
胸が痛んだら、口でも心でも、言葉を一切発せず、ただ胸の痛みを感じるのである。もっと言えば、痛みを味わい尽くすのである。
憂さ晴らしなどとんでもない。
魔法の力が不要で、どんどん弱く惨めになりたいなら話は別であるが・・・

心配しなくても、胸の痛みは、全面的に味わっているうちに消えてしまう。
もし消えないとしたら、心でつまらないことを言っているからだ。
「なんであいつは、あんなに性格が歪んでいるんだ」などとね(笑)。

魔法の秘儀を教えたら、それをr使うかどうかは本人次第だ。
しかし、子供の場合は、それを教える親に対する信頼性が重要である。
子供の信頼を得るには、まず親が、この魔法をマスターしておく必要があるのだ。













当ブログ著者、KayのAI書。
今、最もITに強いことは、AIを作れることです。
そして、それは有益なスキルであり、ITだけでなく、世の中で広く通用します。なぜなら、AIを作るには、問題を予測問題に捉え直す能力や、データをうまく扱う能力が必要で、これらは、これからの時代の強力な力です。
勘違いしてはならないのは、数学やプログラミングやAI理論が必要だと思ってしまうことで、そう思い込ませようとする者は多いのです。
そして、AIを作るスキルを得るのは、それほど難しくはありません。
この本の実習を楽しんでいただけば良いのです。
ほぼ全ての実習のためのデータを作れるExcelマクロが無料でダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

忘れなかっただけで救われた言葉

インドでは昔から、「私は彼である」、あるいは、「私はそれである」と言う言葉が使われることがあった。
この「彼」、あるいは、「それ」とは、神のことであるが、いろいろな意味で、神と直接言うのは避けているようだ。
しかし、「彼」では性差別的な感じがするし。「それ」では軽過ぎるように思う。人のことを「それ」などと言ったら失礼というものであろう。

だが、「私は神である」と言わず、「私は彼である」という言い方は良いと思える。
なぜなら、我々は、神とは何か(どんなものか)、実際には、ほとんど知らないからだ。
いや、神とは、全知全能・・・つまり、何でも知っていて、何でも出来る存在だと言う人もいると思うが、それでは、神話の中の神のイメージそのままでしかない。
そこで、そんな神の固定観念を露骨に引き起こさないよう、少々控えめに「彼」と言うのは、賢いことであると思うが、やはり、性差別的で納得がいかない(笑)。

そこで、もっと良い言い方がないかと考えたら、こんな話がある。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジが、師の聖者に「あなたは至高の実在である」と言われ、マハラジは、その言葉を忘れなかっただけで、修行は何もしなかったが、数年で悟りを開いた・・・つまり、自分が実際に、至高の実在であると本当に解った。
「至高の実在」は、人間に理解出来る中では、神を指す最も適切な言葉であると思える。
この言葉を呪文のように唱えなくても、忘れさえしなければ、だんだん、心が自然に浄化され、本当の意味の神になるのだろう。
とはいえ、別に、マハラジが大金持ちになったり、モテモテになったり、素晴らしい人格者になったというのではない。
相変わらず貧乏なタバコ屋の親父だったし、彼の弟子のラメッシ・バルセカールの本によれば、怒りっぽいただのじいさんだったらしい。そして、
「私は世間的には既に死んでいる」
「私が首をはねられたら? 首と胴体が別々になる。それだけのことだ」
と言う変人でもあった(笑)。
だが、同時代のインドの聖者・・・ラマナ・マハルシやジッドゥ・クリシュナムルティらと違い、無名であったに関わらず、彼の小さな家に世界中から人々が訪れ、やがて、彼とそれらの人々との対話が書籍として出版され、世界的ベストセラーになり、名を知られるようになった。

マハラジもある意味、人間に過ぎなかったが、貧しく育ち、ほとんど学校に行かず、大人になってからも質素に暮らしていた彼は、そこそこに暮らせることで満足だったのだと思う。
それでなんとなく思い出すのが、アメリカ1の人気画家で、絵もかなり売れていたのに、アトリエを持たずにキッチンの隅で、安い画材で描き続けたグランマ・モーゼスだ。
日本でも、伝説的な金持ちが「立って半畳寝て一畳」と、必要以上のものを欲しがらなかった話がよくあるが、進歩した人間は、贅沢に興味がないのだと思う。
だが、必要なら、世間的に大きな力を得ることも出来るのだろう。
マザー・テレサのようにだ。

「あなたは至高の実在」
これは、否定しようのない事実であり、呪文にする必要はないが、忘れずにいると良いと思う。
不条理とウイルスが蔓延する日本で、もう悟り以外に道はない・・・かもしれない(笑)。













当ブログ著者、KayのAI書。
「モンティ・ホール」問題をご存じでしょうか?
A、B、Cの3枚のドアのいずれかに豪華景品が隠れていて、正解のドアを当てると、回答者は景品を貰えます。
回答者がAを選ぶと、出題者はBのドアが外れであることを示し、「Cに変えても良いですよ」と言います。
人間だけで挑むと、正解率は1/3ですが、AIと組むと正解率は2/3と倍になります。
だが、AIに協力してもらうには、条件があります。
実際に、このためのAIを作ることで、AIの考え方、作り方、使い方が分かります。
そして、それは簡単です。
こんな興味深い知的ゲームを楽しみながらAIを身に付け、味方にして下さい。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

やっぱり闇が多いインターネット世界

インターネット時代になって、2種類の人間が出来た。
1つは、インターネットと一体になる者(一体派)。
もう1つは、インターネットと自分は別のものと区別する者(分離派)。

スマートフォンアプリを自動更新にしている者は「一対派」だが、現代人は強制的にそのようにされているとも言える。
スマートフォンに初めから入っているアプリには必要で便利なものもあるが、中には余計なものもあり、いくつかの中国メーカーのものでは無駄なアプリが沢山入っていて、その中には、アンインストール不可能なアプリすらある。私なら、そのようなアプリはスパイウェア、あるいは、提供側に利益を与えるためのもの・・・逆にいえば、こちらに不利益を与える可能性が高いものと認識し、そのようなアプリが多いスマートフォンは買わないようにしている。

このように、ITの知識があれば、今はかえって分離派になるが、本来は、一体派がインターネットのあるべき姿だ。
しかし、スマートフォンに余計なアプリを入れて出荷したがるメーカーのエゴが、それを妨げているのである。
検索エンジンにしても、今は、Googleらの技術によって、上位に出てくるサイトには安全なものが多く、それによって、一体派への流れが加速しているが、それでもやはり、訪れてはいけない困ったサイトも多い。
PCであれば、しっかりとしたセキュリティソフトを入れておけば、ほぼ安全だし、Windows10であれば、最初から入っているDefenderでだいたい十分であるが、それで絶対と言えるかどうか分からないので、私は別に高機能なセキュリティソフトを入れている。
スマートフォンに関しては、iPhoneはほぼ安全だし、Android機でもあまり問題が起こった話は聞かないが、実のところ、どちらも絶対安全とは言い難い。
そもそも、セキュリティ上は安全の問題はなくても、一部の出会い系サイトのように、無知なユーザーに被害を与えるものも沢山ある。
こういったように、インターネットにも、悪意や利己主義が蔓延り、無闇に一体派になる訳にはいかず、今はまだ分離派の方が良い部分もある。

プログラミングにしてもマイクロソフトのVisualStudio(ビジュアルスタジオ)やJupyterプロジェクトのJupyter
Notebookその他では、ライブラリが自動更新されたり、手動になっている場合でも、どこで誰がどのように作っているか分からないライブラリが勝手に入ってくるのだが、私はそれに抵抗があり、すっかりプログラミングが嫌になってしまった(笑)。
ExcelのVBAというプログラミング言語では、Excelという小さな世界にあるので安心な面はあるが、これとて、WindowsUpdateで自動更新したらトラブルで苦しめられることもある。
まだまだ、「誰もが普通にプログラミング」の時代とはほど遠いが、日本の教育関係者は、そんなことは「全く無知」で、プログラミング教育、IT教育をやろうとしているのだから、日本に未来はない。一度、私に文部科学大臣になるよう打診してはどうか(もちろん冗談)。

ビットコインなどの仮想通過の運用技術であるブロックチェーン自体は絶対的と言えるほど安全な技術であるが、ブロックチェーン以外の部分で悪いことをすることは可能で、実際、それで何百億円というお金が盗まれたこともある。
なにごとも、安全な部分と危険な部分の区別は難しく、分からないなら全部危険とする考え方を昔から保守的と非難されるが、それが安全だという一面はある。
革新派は華やかで格好良いが、これは昔から、大きな惨事と共にあるとも言えるのである。

イーロン・マスクのニューロリンカ社は人間の脳にチップを埋め込んで、脳機能の拡張や脳とネットワークを接続する技術の開発を行っているが、これによる起こるかもしれない被害は、スマートフォンアプリや仮想通過よりも大きく深刻になる可能性がある。

こういった世の中だから、ITに詳しくなれ、プログラミングの勉強をしろと言う者がいる。
しかし、ITの問題に正面から立ち向かえるようになるには、生半可なプログラミング技術では駄目なのである。
早い話が、プログラミングは、やってもやらなくても同じかもしれない。
無論、スマートフォンを普通に使うだけでは、騙される側になる可能性が高まるだけである。
そこで、ITに本当に強くなる方法を模索中である。
ただ、それ(普通の人がITに強くなる方法)を既に持っているかのように言う者の多くは、自分の利益しか考えておらず、それで、あなたがITに強くなることはない場合が圧倒的だ。
お金のかからない(本代程度はかかるが)方法こそが本物である。
私も、今後、徐々に提供しようと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
どんなに科学技術が進んでも、手作り工作が必要になることがあります。
それは、当たり前の知識や技能を得るために必要です。
この本も、AIの手作り工作のような面があります。
この本のように、AIを作る前に当たり前に必要なこと、作る時に当たり前に必要になること、作った後に洗練させるために当たり前に必要になることを取り上げた本は多くないと思います。
ただし、数学、プログラミング、AI理論といった、必ずしも必要でないことは、補足扱いとし、本筋とは外して記載しました。
機械学習を楽しんでいただければと思います。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

グリモワール(魔導書)

グリモワールという言葉をご存じだろうか?
グリモワールとは、魔法の奥義が書かれた本を指すフランス語で、日本では若い人の間で、グリモワ(グリモア)と言われることが多く、ライトノベル等にもよく出てくる。
具体的にどんなものがあるかは、例えばWikipediaを見ても、沢山書かれている。だがまあ、どれも怪しいかもしれない(笑)。
魔法というか、人間の内に秘められた超越的な力を、実際に引き出すものが本物のグリモワールである。

旧約聖書や新約聖書、バガヴァッド・ギーター、老子、エメラルド・タブレット、あるいは、古事記がグリモワールの役割を果たしたと思える話は、信頼すべき人物達から多数報告されているはずである。
アイザック・ニュートンは、聖書やエメラルド・タブレット(ヘルメス版)を深く研究していて、むしろ、数学や物理学の研究は、そのついでであったと言われるほどである。
近代のもので言えば、『沈黙の声』(ブラヴァツキー)や、『ターシャム・オルガヌム』(ウスペンスキー)を、そのように使っている知恵者も少なくはない。
植芝盛平は『古事記』を一種のグリモワールとしていたのだと思われる。
武内直子さんの歴史的漫画作品『美少女戦士セーラームーン』で、土萠ほたる(セーラーサターン)が、W.B.イェイツの詩集、あるいは、イェイツの『ヴィジョン』で覚醒したのは妙なリアリティを感じたし、あれほどの作品であれば、重要な真理が込められているものであると思う。

では、実際に、自分に隠された偉大な力を覚醒させるグリモワールはどれなのだろう?
「そのようなものはない。本などで、そんな力は引き出せない」と言う者が多いと思うが、それはそれで正しいことだろう。
しかし、別の事実、あるいは、真理を言うなら、どんな本もグリモワールである。
自分がグリモワールとして扱えば、それが本当のグリモワールなのだ。
イーロン・マスクは、子供の時に、ダグラス・アダムスの『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読んで人類を救う使命に目覚めたというが、まさにその本がグリモワールであったと言えるかもしれない。
筒井康隆さんの『時をかける少女』は沢山の人達のグリモワールになったことは間違いないと思う。

心の奥から神秘的な律動が湧き起こるような、果てしないロマンを感じるような、あるいは、深い畏怖を感じるような何かがそこにあれば、それがグリモワールである。
「これがそうかもしれないが、もっといいものがあるかもしれない」などと思う必要はない。
それがグリモワールだと思えば、そうなるのである。
実のところ、何でも良いと言えば何でも良いのである。
ただ、最初に、それをかなり好きになる必要があるが、条件としては、その程度である。
秘密を明かせば、あなたがグリモワールと決めた後で、その本の中身が新たに書かれるのである。
これこそが、グリモワールの秘儀である。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、AI理論が分からなくても、Excelが使えるスキルがあれば、実用的なAIが作れるようになっていただけることを目指して書きました。
ただし、この本をきっかけに、数学、プログラミング、AIに興味を持っていただけるようになる可能性も大切にしました。
楽しいAI体験が出来るはずですし、とても面白いテーマを用意したつもりです。
実を言いますと、AIで楽しんでいただけることを一番に考えたような気もします。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード